共生虫 / 村上 龍
2009 / 02 / 16 ( Mon )
06210027.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

体内に謎の「虫」を宿した、引きこもり青年ウエハラ。彼はネットを通じ、インターバイオと名乗るグループから、その虫が殺戮と種の絶滅を司る「共生虫」であると教えられる。選ばれた存在であることを自覚した彼は、生贄を求めて外の世界に飛び出してゆくのだが…!?衝撃のインターネット文学、ついに文庫化。


●著者● (「BOOK」データベースより)

村上龍(ムラカミリュウ)
1952年、長崎県に生まれる。武蔵野美術大学中退。’76年に『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を、’81年に『コインロッカー・ベイビーズ』で野間文芸新人賞、’96年に『村上龍映画小説集』で平林たい子文学賞、’98年に『イン ザ・ミソスープ』で読売文学賞、2000年に『共生虫』で谷崎潤一郎賞を受賞。小説、エッセイにとどまらず「TOPAZ(トパーズ)」などの映画製作や、サッカー、国際政治、経済に関する著作など、あらゆるジャンルで旺盛な活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2000年03月20日
著者/編集: 村上龍
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 293p




●感想●


これは・・・。
主人公ウエハラの頭の中をずっと覗き続けているようなお話ですね。
なので自分のアタマもウエハラワールドに・・・困り顔
暴力・破壊衝動に乗っ取られた・・・即ち“共生虫に寄生された”引きこもりになりそうでしたっ

だからなのか、インターバイオと絡むシーンでは、いけない興奮を覚えてしまいましたよ。
危ない危ない

ネットは顔が見えないからって、何をやってもいいわけじゃないんだぞー
引きこもりだからってバカにするな~

・・・って、別に私が引きこもりなわけでもないし、関係ないんだけど・・・。
誰かに攻撃したいのは共生虫効果だね~






共生虫共生虫
(2000/03)
村上 龍

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 37 : 22 | ★★★村上龍★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<治験 / 仙川 環 | ホーム | いただきます♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/776-f9eaa0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |