スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
断鎖"Escape" / 五條 瑛
2009 / 01 / 26 ( Mon )

五條瑛さんのR/EVOLUTIONシリーズ に手を付け始めました~

第一弾は「断鎖"Escape"」


――革命を起こさないか、この国に。
この文章から始まるプロローグ・・・ああ、五條ワールドだ
一気に引き込まれました。

いやー、圧倒的カリスマに導かれながら徐々に成長する主人公に感情移入しながら読みましたね。
孤独と翳を背負った登場人物にも心動かされました。

文中にも出てくる表現ですが・・・。
独りでいることは痛いことか~・・・。
私などは自分を殺して群れることを嫌悪し、独りの自由に焦がれる主人公に共感しますが。
(序盤の親に対する一方的な感情はお子チャマですけれどね)
全くの孤独はやはり痛いことなんですよね。
そういう意味で強いということは悲しいことでもあるのかな。
しかし、やはり魂を殺してまでは群れない人間が私は好きなのだ~


今回特に残った文章

――このライオンの目、とても怖いね。ぎらぎらしてるよ。
――そうだね。でも飢えているから、仕方がないんだよ。
――食べられている動物が可哀相だよ。見ている鳥も豹も怖い目だね。
――でもね、亮司。この目は必要な目なんだよ。
   動物はみんな自分より弱いものを食べないと生きていけない。
   だから、いつもこうやって獲物を探しているんだ。
――僕も?
――そうだよ。僕も、君もね。生き続ける限り、誰かを犠牲にしているんだ。


断鎖断鎖"Escape"
(2001/05)
五條 瑛

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 35 : 49 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<首無の如き祟るもの  / 三津田 信三 | ホーム | いただきます♪♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/751-a40b76a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。