パワー系181 / 墨谷 渉
2008 / 06 / 18 ( Wed )
パワー系181







●内容● (「BOOK」データベースより)

身体測量マニアに張り手マゾ、衣類フェチに短躯コンプレックス男。そして完璧なスリーパーホールドを男に極めたい、身長180cmを超える格闘系・リカ。それぞれが目指す、エクスタシーの形とは…。第31回すばる文学賞受賞作。

180センチを超える大柄なリカは、日々スポーツクラブで筋力トレーニングに励んでいる。プロレス技のスリーパーホールドを男にかけ、失神させてみたい願望を抱いていた。リカは風俗でもなくSMでもない、「パワー系個人クラブ・リカの世界」をホームページで公開した。そのサロンにはリカの身体を丹念に測量する男、張り手を求めるマゾ男、リカの衣類を欲しがるフェチ男などが訪れる。彼らは性交の目的はない。
小柄な男、瀬川は大柄な女に馬鹿にされる妄想に悩まされている。風俗店をネットで検索しては大きい女を「屈服」させてコンプレックスを解消させているが、払拭しきれない。妻にも馬鹿にされ、好意を抱いていた女性の元同僚にも存在を忘れられており、憤懣やるかたない瀬川が訪れたのはリカのサロンだった。そこで瀬川を待ち受けていた状況は、想像とは裏腹にリカに技をかけられ、生殺しにされて楽しまれている自分であった。


●目次● (「BOOK」データベースより)
パワー系181/外伝-測量男の手記


●著者● (「BOOK」データベースより)

墨谷渉(スミタニワタル)
1972年、愛知県生まれ。中部大学国際関係学部国際文化学科卒業。『パワー系181』で、第31回すばる文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2008年01月
著者/編集: 墨谷渉
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 129p





●感想●

うーん。
マニアックな・・・。
でもなんか物足りなかったなー。
この世界に精神の複雑さがからむと面白かったのに・・・。
マニアックな割にそれがなかった気がする
私的にはエロに転ぶか、歪んだ精神の描写を徹底するか・・・。
もちょっとなんとかしてほしかったと欲求不満~
一言で言えばパンチがほしかったのねん
残念ッ困り顔
モンクばっかりでごめんなさい~





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

21 : 54 : 51 | ★★★墨谷渉★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<とうもろこし | ホーム | お友達宅で…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/560-8724de13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |