ダイイング・アイ / 東野 圭吾
2008 / 03 / 01 ( Sat )
ダイイングアイ







●内容● (「BOOK」データベースより)
記憶を一部喪失した雨村槇介は、自分が死亡事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める…。


●著者● (「BOOK」データベースより)

東野圭吾(ヒガシノケイゴ)
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。1985年、『放課後』で第三十一回江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。以後、意欲的に作風を拡げ、幅広い層の読者の人気を集める。1999年、『秘密』で第五十二回日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で第百三十四回直木賞と第六回本格ミステリ大賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2007年11月
著者/編集: 東野圭吾
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 372p




●感想●

東野圭吾さんの本を読むのは2冊目ですが・・・。
悪女がお好きなのかな、なんて思ってしまいました。
他のものがどうかは知りませんが、どちらにもそんなタイプが出てきたので困り顔
瑠璃子=マネキン・・・、ええ~っ そんな無茶な~なんて
恐れおののきながら読み進めたわけですが・・・。
さすがにそんなことはなく、「ああっ、なるほど~」 な展開でした。
小悪党は置いといて、成敗されるべき者が成敗された、ということですね。
それはそれでスッキリです。
恐れべし、ダイイング・アイ






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

12 : 13 : 49 | ★★★東野圭吾★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<KIRISAME DIARYを見て・・・ | ホーム | 手作りクッキー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/434-6d8a04e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |