ブラックペアン1988 / 海堂 尊
2008 / 01 / 08 ( Tue )
ブラックペアン 1988






●内容情報● (「BOOK」データベースより)

外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。このミス大賞受賞者の感動の医学サスペンス


●著者● (「BOOK」データベースより)

海堂尊(カイドウタケル)
1961年、千葉県生まれ。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞、『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)にて2006年デビュー。現在も勤務医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2007年09月
著者/編集: 海堂尊
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 317p






●感想●


面白かった
登場人物が魅力的だと本って面白くなりますね。

主人公が外科医として、人間として成長するのと同時に物語が進行していきますが・・・。
なんでだろ??
性別も境遇もまったく違う自分が、アタマの中では主人公の世良になっちゃってた困り顔


これは医療に携わる人達のお話ですけれど・・・。
個人的に気に入ったのは全ての人間像の底に見当たらなかったこと。
"悪"が・・・。
これにはいい気分にさせられましたねー。
ホンモノのお医者さんが書いたものだから尚のこと。
だって、勝手かもしれないけれど信じたいじゃないですか。
医療関係者は皆、人の命を守ることに純粋に力を尽くしているんだってね






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 42 : 59 | ★★★海堂尊★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55 / 古市 幸雄 | ホーム | インシテミル / 米澤 穂信>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/380-aee386b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |