赤い羊は肉を喰う / 五條 瑛
2007 / 12 / 17 ( Mon )
赤い羊は肉を喰う






●内容● (「BOOK」データベースより)

下町・八丁堀で働く内田偲は、単調だが平穏な日々を愛し楽しんでいた。だが街に少しずつ不穏な空気が流れ始め、犯罪が不自然なほど急増する。原因を探る偲が辿り着いたのは、人を思い通りに操ろうとする企みだった。金も力も組織もない若者は街を救えるのか?心理操作の恐怖と人間の“愚かしさと愛しさ”を精緻に描く鮮烈エンターテインメント。


●著者● (「BOOK」データベースより)

五條瑛(ゴジョウアキラ)
1999年『プラチナ・ビーズ』でデビュー。2001年「スリー・アゲーツ」で第三回大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2007年01月
著者/編集: 五條瑛
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 369p





●感想●


五條瑛さんの本を読むのはこれで3冊目ですが・・・。

すごく好きですね~
何がって、やはり登場人物のかっこよさがかな。
群れない、ぶれない、孤高のカリスマが私の心にグッとくるんです。
なぜなら私は群れが嫌いなネコ人間だから

でも群れない不便さ(?)や孤独感も正直ありますよね。
ふとした時に心に寒い風が吹いたりすることも時にはあります。
が、こればっかりは性分ですから~困り顔

・・・といっても、実際のところ人は一人では生きていけません。
直接的ではなくとも必ずたくさんの人に助けられて生きている・・・。
それは理解しているつもりですが、
必要以上にべトべトしたぬるい世界が好みじゃないということで・・・。

で、五條瑛さんの本を読んだりして再確認するのです。
良し悪しは別として、私は群れない、ぶれない強い人間が好きなのよ~、と






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 50 : 52 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<浅草今半のつくだ煮セット | ホーム | だんなさんのお誕生日♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/351-1303580f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |