樹海 / 吉村 達也
2007 / 11 / 15 ( Thu )
04178973.jpg







●内容● (「BOOK」データベースより)

高校二年生の村木ルイは、暗い森をさまよう夢に繰り返し悩まされていた。その悪夢には結末がない。記憶を失うほどの凄まじい恐怖体験が原因のため、ルイの深層心理が最後を見ることを拒んでいるのだ。唯一の手がかりは青白く光る表紙を持つ『樹海』という名の絵本…。やがてルイは、超能力者の恋人・神保透とその姉・真美の協力により、真相を探し求め、実在の森青木ヶ原の樹海へと向かう。そこで待つ運命も知らず!夜光るカバーが、あなたを幻想世界に誘う。


●著者● (「BOOK」データベースより)

吉村達也(ヨシムラタツヤ)
朝比奈耕作シリーズや氷室想介シリーズなどの本格推理、独特の文体の会社ミステリー、旅情豊かな温泉殺人事件シリーズ…等々、さまざまなタイプの推理小説を書き続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報● 

発売日: 2003年01月
著者/編集: 吉村達也
出版社: 角川書店 , KADOKAWA
サイズ: 文庫
ページ数: 374p





●感想●


読み物として面白い部分はありました。
(例えば電磁波や記憶についての説など)

・・・が・・・。
今回も怖くなかった~

ただ、それは私が女性であるからかもしれません。
夢の真相とか、男性が読めばゾゾーッとするのかも・・・。
そいう部分では女性の方が肝が据わってますからねー困り顔
女性にはいつでも緊急事態が起こり得るのですから、しょーないんです~

またまた、第三話に期待しよ





       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 15 : 31 | ★★★吉村達也★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<時計 / 吉村 達也 | ホーム | 土の中の子供 / 中村 文則>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/313-d88e3a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |