銀河がこのようにあるために / 清水 義範
2007 / 10 / 22 ( Mon )
15208323.jpg







●内容● (「BOOK」データベースより)

西暦2099年、宇宙物理学の権威である難波羅眠博士は、月面の天文台で、あるはずのない太陽系第十惑星を観測、その背後の宇宙がビクリとよじれるのを目撃した。いっぽう脳科学者の沢口は、人間の自我のありかを追究していたが、恋人・寧美とのあいだに生まれようとしている息子は、世界中で新たに誕生しはじめた、自我をもたない子どもであった。従来の科学理論を根底からくつがえす異常現象の数々に、無自我病児たちとの関連を見いだした沢口であったが、世界の天文台は、さらに驚くべき観測データを報告してきた…ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、そして―二一世紀の銀河を軽やかに創造する、清水義範流“宇宙論”。


●基本情報●

発売日: 2000年12月15日
著者/編集: 清水義範
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
ページ数: 293p




●感想●

神の創造主は人間、という説が面白かったです。

人間の高度に発達しすぎた脳が他の動物のそれと違う点は・・・。
自らの死を予感できてしまうということ。
そしてその死の恐怖に対抗するために生み出したのが神!!
神は人間の脳が生み出したものであるから人間が神の創造主であると・・・。
なるほど、そんなふうにも考えることができるのかー、と思いました~。

脳のクセというのもねー。
これは絶対ある~!と思いますね。
自己防衛とか、単なるボケとか、もとになるものは様々でしょうが・・。
今認識している世界は案外ひとりよがりなものかもしれないですねー困り顔

「瑞聞







銀河がこのようにあるために銀河がこのようにあるために
(2000/12)
清水 義範

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 09 : 17 | ★★★清水義範★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ここんとこファミレスづいている~ | ホーム | さとでランチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/286-5595bd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |