天使の屍 / 貫井 徳郎
2007 / 10 / 03 ( Wed )
04354101.jpg







●内容● (「BOOK」データベースより)

平穏な家族を突然の悲劇が襲った。中学二年生の息子が飛び降り自殺をしたのだ。そして遺体からはある薬物が検出されたー。なぜ彼は十四歳で死ななければならなかったのか。原因はいじめか?それとも?遺された父親はその死の真相を求めて、息子の級友たちを訪ねてまわる。だが世代の壁に阻まれ、思うにまかせない。そして第二の悲劇が…。少年たちの心の闇を描く、傑作長編ミステリ。


●著者● (「BOOK」データベースより)

貫井徳郎(ヌクイトクロウ)
1968年東京都生まれ。早大商学部卒業。93年に『慟哭』でデビュー。次々に意欲作を発表しつづけて、多くの読者の支持を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2009年02月25日
著者/編集: 貫井徳郎
出版社: 集英社
サイズ: 文庫
ページ数: 323p






●感想●

文章が読みやすいので一気読みしてしまいました。
でも、ストーリーはあまり愉快なものではなかったです~困り顔
子供が連続飛び降り自殺、というのもヘビーだしね。
明らかになる真相にもへこむ感じ。
あ、でも男性ならわかるのかもしれません。
大人になる手前の衝動というのでしょうか?
「なんでもいいからHしたいのだ~!」という感覚が。
ん? もしかして大人でもそうなの?
それが理解できないと、「つまらないことに命かけるなよ」という話になってしまいますねー




       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 15 : 48 | ★★★貫井徳郎★★★ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<バレリーナストラップ | ホーム | 魔王 / 伊坂 幸太郎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/265-370fad34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2010/09/19 15:49】
| ホーム |