野ばら / 長野 まゆみ
2007 / 09 / 19 ( Wed )
9784309005775.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

銀色と黒蜜糖-。白い野ばら咲く庭に住みついた2匹の美しい猫と同じ名前を持った2人の少年は何者なのか?目覚める度により深い眠りにおちてゆく少年月彦。その不思議な夢の中で繰り広げられた真夏の夜のフェアリー・テール。


●基本情報●

発売日: 1989年07月01日
著者/編集: 長野まゆみ
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 131p



●感想●


一言で感想を言うなら・・・。

こんな私が読んでしまって申し訳ありません~。
・・・てなところでしょうか。

この本、言葉がいちいち綺麗で、擬音語なども独特で、現実とはかけはなれた世界が表現されています。
たぶんその魅力が判る人と判らない人にパキッと分かれるのだろうなー。
感性のタイプによってね。

なので"こんな私が・・・"ということに・・。

夢現の不思議ワールドという点では嫌いではないのですが。
お恥ずかしい話、あまりに綺麗なものが好みではないのかもしれません。
綺麗なものには同時に毒を見たいのです~  贅沢



       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 



スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

01 : 20 : 47 | ★★★長野まゆみ★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<東京DOLL / 石田 衣良 | ホーム | 転生 / 貫井 徳郎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/242-42138bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |