女子的生活 / 坂木 司
2017 / 05 / 02 ( Tue )
女子的生活






●内容● (「BOOK」データベースより)

女子的生活を楽しむため、東京に出てきたみきは、アパレルで働きながら、念願のお洒落生活を満喫中。おバカさんもたまにはいるけど、いちいち傷ついてなんていられない。そっちがその気なら、いつだって受けて立ってやる!彼女は、自由。だから、最高の生活を知っている。読めば胸がスッとする、痛快ガールズストーリー!

●著者● (「BOOK」データベースより)

坂木司(サカキツカサ)
1969年東京都生まれ。2002年、『青空の卵』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年08月22日
著者/編集: 坂木 司
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 288p







●感想●


主人公のみきは女子的生活を満喫しています。
しかし途中で判明→性別は男性。
いわゆるトランスジェンダーという存在です。
彼女(彼)は女性として女性と付き合いたい嗜好の持ち主。
そういうボーダー上の立場だからこそ、よく見える世界もあるのですねー。
そんなわけで、一般男性と違い、女子の理解度が深い。(もしかしたら女子よりも)
女子ワールドの中には策略やマウンティング、笑顔で敵を制圧する遣り口等があるるわけですが・・・
どれほどの男性がそれに気付いているのか?
女子全員が当てはまるわけではないのがまた判断を困難にしているところで・・・
正確に把握できている男性はほぼいない、と個人的には思います。
だからこそ、こんなお話を書く作者は女性なのでは?と思いました。
作者の坂木司さんは、他人と被るのが好きじゃない、といいう思考の持ち主であると何かで読みました。
作品を書く際に"被らないこと"を大切にしている・・・みたいです。
あらあら素敵~
これは認めずにはいられない主義ですわ。
横取りするような感覚で被せてくる人に偽物テイストを感じてしまう私としては、文句なしに褒め称えたい。
・・・・と、読書感想というよりは作者のスタイルを賞賛する場になってしまいました・・・
その価値観に共感できる作者が書くお話は、作中のメッセージにも頷けるところがあるものですね








●けど、私は単純が好きだ。
 笑いながら泣いて、寂しがりながら一人で歩いて、意地悪を言いながら愛を語る、そんな女の子が好き。わけがわからないくらいにとっ散らかっている朝も、どこか冷静な頭でコーディネートを考えるような女の子が好き。


●ママ友とか、すんごい情報戦らしいよ? それを聞いて、私は軽く感動する。なんだその無意味に高度な世界は。


●そこポイントね。アーティスト系って、自己顕示欲が強い人が多いんだよ。でなきゃ作品なんて作らないし、ウェブで世界にさらけ出したりなんてするはずない


●ゲームで言うなら、女子の人生はイベントが多くて敵も多くて、でも味方も多い。選択肢も多くて(服だってスカートとパンツと両方選べるしね)、道もたっくさん枝分かれしてて、なんか色々多彩。
それに対して、男子の人生はイベント少なめ。敵と味方の多さは同じかもしれにけど、選択肢が多そうで案外少ない。道は単純で歩きやすいけど、それってゲーム的にはどうなの?っていう状態。
 





                

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

07 : 38 : 09 | ★★★坂木司★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<コンビニ人間 / 村田 沙耶香 | ホーム | コンテクスト・オブ・ザ・デッド  / 羽田 圭介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1415-35fd14b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |