絶対正義 / 秋吉理香子
2017 / 03 / 31 ( Fri )
絶対正義





●内容● (「BOOK」データベースより)

範子はいつでも礼儀正しく、一つの間違いも犯さず、また決して罪を許さない。なにより正義を愛していた。和樹は、痴漢から助けてもらった。由美子は、働かない夫を説得してもらった。理穂は、無実の罪を証明してもらった。麗香は、ピンチを救われチャンスを手にした。彼女たちは大いに感謝し、そして、のちに範子を殺した。しかし、死んだはずの範子からパーティへの招待状が届いた。そこで、四人が見たものとはー?


●著者● (「BOOK」データベースより)

秋吉理香子(アキヨシリカコ)
兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、ロヨラ・メリマウント大学院にて、映画・テレビ制作修士号を取得。2008年、「雪の花」で第3回Yahoo!JAPAN文学賞を受賞。09年、受賞作を含む短編集『雪の花』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


基本情報

発売日: 2016年11月10日
著者/編集: 秋吉理香子
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 245p




●感想●


ストレスがたまった~~~~~
絶対の正義をふりかざす厄介な女・範子の行動に悶々としました

いやーこれは○されるっしょ
しょーがないっしょ
なーんて思えてしまう展開で・・・
力を合わせての殺害シーンで犯罪行為を応援してしまっている自分がいました
恐ろしや

謎に関して・・・カラクリについては想像がつきましたよ。
実際、そういう連鎖って多々ありますよね。
なのでそこに驚きはなかったわけですが、とにかく腹立たしいエピソードの数々がリアルでお見事でした。
それも作者から生まれたものだと思うと、その人間性を疑ってしまうほど。
正義を武器にした邪悪は最強で最恐で最凶なのだ~

改めて現実を見渡した場合、私は範子のような存在は案外いると思います。
例えば悪魔に魂を売ったとしか思えない弁護士など・・・
まさに正しさをふりかざす、邪悪レベルの高い存在ですねー
法律を道具にした喧嘩屋的な一部の人のことですが・・・
正義の仮面をかぶったモンスターの一例ですねー







●百パーセント正しい範子。
 正義のヒーロー。
 それはなんと、驚異的で暴力的な存在なのか。



●百パーセント正しい、ということは、それだけですでに大きな欠点なのだと理穂は初めて知った。
 ・・・・・・・・・
範子の正義はあまりにも剥きだしで、露骨で、こちらが目をそむけたくなる。ところ構わず相手かまわず、あられもなく正義をさらけ出し、肉薄する。融通や配慮という衣をまとわない丸裸の正義の前には周囲はうつむくしかないのだ。









      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

02 : 25 : 37 | ★★★秋吉理香子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アンマーとぼくら / 有川 浩 | ホーム | あなたのいない記憶  / 辻堂 ゆめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1409-d88c4779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |