あなたのいない記憶  / 辻堂 ゆめ
2017 / 03 / 17 ( Fri )
あなたのいない記憶







●内容● (「BOOK」データベースより)

絵画教室をやめて以来、大学で約十年ぶりに再会した優希と淳之介。旧交を温める二人だったが、絵の講師の息子だった「タケシ」という人物について、それぞれ記憶が書き換わっていることに気づく。タケシのことを架空の人物と思っていた優希と、有名スポーツ選手と勘違いしていた淳之介は、タケシの幼馴染・京香に連れられ、心理学の専門家・晴川あかりのもとを訪れる。「虚偽記憶」現象の原因究明を始めた四人が辿りつく真相とはー。


●著者● (「BOOK」データベースより)

辻堂ゆめ(ツジドウユメ)
1992年生まれ。神奈川県藤沢市辻堂出身。東京大学法学部卒。現在IT通信会社勤務。第13回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞を受賞し、『いなくなった私へ』(宝島社)にて2015年デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年10月21日頃
著者/編集: 辻堂ゆめ
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 334p




●感想●


「虚偽記憶」がテーマのお話でした。
真相が明らかになるところで涙、でしたが・・・
泣いておきながらも、なんとなくズルい、とどこかで感じている私。
病気とか死が絡んだ場合、心動かされるのは当たり前の事ですからねー。
よほどうまくお話を運んでくれないと、禁じ手を使われたような気分になってしまいます。
我ながらひねくれ者だー

このお話、カウンセラーが謎解き役でしたが、そこは面白いと思いました。
人を観察することも重要な職業だから、読みが鋭い点も納得ですしね。
カウンセラーのセオリーがひたすら受容、という所もよく描かれていた気がします。

で、偽の記憶ですが・・・
これ、案外普通にそこここで見られることですよね。
自分で自分を騙している人 (嘘をついているうちに、それが真実であると思い込む人など) けっこういますしね。
一方、単に人に騙されている人も、珍しくないと思います。

ところで虚偽記憶や洗脳等は、睡眠不足等の悪コンディションによって定着する危険性が高まるそうです。
普段から眠くてボーっとしている自分は容易に騙せるタイプではないかと思います。
悪意を持った人がそのメカニズムを利用する・・・、なんてことも十分あり得ると思うと、恐ろしいですねー









 

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

15 : 34 : 35 | ★★★辻堂ゆめ★★★ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<絶対正義 / 秋吉理香子 | ホーム | 百年法(上・下) / 山田宗樹>>
コメント
--書評投稿サイト「本が好き!」のご案内--

突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
by: 本が好き!運営担当 * 2017/03/24 21:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1408-a7c4a8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |