スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
刑罰0号 / 西條奈加
2016 / 12 / 28 ( Wed )
刑罰0号








●内容● (「BOOK」データベースより)

記憶を抽出して、画像化を行い、他人の脳内で再生するシステムー0号。これを用いて犯罪被害者の記憶ー殺された際の恐怖を加害者に経験させる…。もともとは、死刑に代わる新たな刑罰として、法務省から依頼されたプロジェクトであったが、実際は失敗に終わる。0号そのものに瑕疵はなかったが、被験者たちの精神が脆く、その負荷に耐えられなかったのだ…。開発者の佐田洋介教授は、それでも不法に実験を強行し、逮捕されてしまう。助手の江波はるかは、さるグローバルIT企業のバックアップのもと、ひそかに研究を続けるが…。0号を施した者、0号を施された者たちの物語は、今、人類の“贖罪”のために捧げられるー。



●著者●(「BOOK」データベースより)
西條奈加(サイジョウナカ)
北海道生まれ。2005年、『金春屋ゴメス』で、第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。『涅槃の雪』で、第18回中山義秀文学賞、『まるまるの毬』で、第36回吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



●基本情報●

発売日: 2016年08月10日
著者/編集: 西條奈加
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 368p




●感想●


読んでから時間がたってしまいました・・・
やはり感想はすぐ記さないと忘れてしまいますね

このお話の刑罰0号は、前々から自分が空想していたことと少し似ていて興味深かったです。
それは被害者の記憶を犯罪者に経験させるというもの。

私がよく考えていたのは、それぞれの人生を順繰りに生きていく世界や、
死ぬ時に人生を振り返る時間があって、いいことも悪いことも相手の感情を味わうとしたら?等のことで、
相手の気持ちを自分の身で体感するという点では一緒かな。

まさに自分がしたことが問われるというね・・・

人に何かを与えた人には充足、奪った人には後悔、そんな感情が残るのかなと思われますが・・・
わかってはいても、よりよく生きるのは難しいことだと感じる今日このごろです。

理想の精神はギブ&ギブなのでしょうが・・・
それこそ与えられるのを当然と思っていたり、もっと上をいって相手が奪うタイプの人間である場合、寛大になれないというのが正直なところ。
しかしその壁を越えたところに精神の安息があるのかもしれません。
拙者、まだまだ修行でござる~






           

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 
   ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                     
  111.gif

 





スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

02 : 27 : 30 | ★★★西條奈加★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<英国一家、日本を食べる  / マイケル・ブース | ホーム | 黒涙 / 月村 了衛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1405-3437c23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。