王妃の帰還  / 柚木麻子
2016 / 11 / 21 ( Mon )
王妃の帰還






●内容● (「BOOK」データベースより)

聖鏡女学園中等部二年の範子は、仲良しグループで地味ながらも平和に過ごしていた。ところが、公開裁判にかけられ地位を失った滝沢さんを迎えることとなりグループの調和は崩壊!範子達は穏やかな日常を取り戻すため「プリンセス帰還作戦」を企てるが…。女子中学生の波乱の日々を描いた傑作長編。


●著者● (「BOOK」データベースより)

柚木麻子(ユズキアサコ)
1981年東京都生まれ。立教大学文学部フランス文学科卒業。2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」でオール讀物新人賞を受賞。2010年、受賞作を含む連作集『終点のあの子』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2013年01月
著者/編集: 柚木麻子
出版社: 実業之日本社
サイズ: 単行本
ページ数: 212p




●感想● 


表紙がきれいで何度か借りたのですが・・・
仕事だのなんだので時間がとれずに、読まずに返すことの繰り返しでした

でも今回は最後まで読みましたよ~やった~

で、やっと読めた内容は、超簡単に言うと学校ヒエラルキーものでした
いや~コレ、私が一番苦手な世界
女子のドロドロの、そのまた水面下でのドロドロ、そしてコロコロ変わる政変と人間関係の相関・・・
鈍感な私にはついていけません~
実際、女子界のルールを理解できず、数々「やらかしちゃった事件」を引き起こしている私なので
「めんどくさッ、ようやりまんなー」と最後の方は辟易状態でした

しかし、ちょうどその時期にたまたま頭に入って来た文章が以下・・・

「どんなものであれ、人間の能力が発達するのは仲間の人間に関心を持つことによってだけである。
人生において最大の困難にあい、同時に他者にも大きな害を与えるのは仲間に関心を持っていない人である。」


あれれ・・・
他人にほぼ関心が無い私には耳が痛い話
トラブル→めんどくさい→関わらない→コミュニケーション能力が発達しない→トラブル・・・・・
って、エンドレス・ネガティブ・スパイラルだ

めんどくさーい女子の人間関係を制してこそ、人としての成長と幸福があるってことなのですねー
正直、小説だけで勘弁してくれ、と思ってしまいますがねー





女ってどうして派閥を作りたがるんだろうな。グループの垣根なんてなくして、一人一人の個性を認め合って、クラス全員と仲良く出来れば1番なのに。

全員が持ち場っていうか得意なことがあればさ、上も下もなくなるし、いい感じでやれるんだよね。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

王妃の帰還 [ 柚木麻子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/21時点)

                 

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 
   ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                     
  111.gif             

         
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

15 : 53 : 12 | ★★★柚木麻子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アパリション / 前川 裕 | ホーム | 幼女戦記(1) Deus lo vult  / カルロ・ゼン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1402-0106e062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |