スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
掏摸 / 中村 文則
2016 / 11 / 09 ( Wed )
掏摸






●内容● (「BOOK」データベースより)

お前は、運命を信じるか?東京を仕事場にする天才スリ師。彼のターゲットはわかりやすい裕福者たち。ある日、彼は「最悪」の男と再会する。男の名は木崎ーかつて一度だけ、仕事を共にしたことのある、闇社会に生きる男。木崎はある仕事を依頼してきた。「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す。もし逃げれば…最近、お前が親しくしている子供を殺す」その瞬間、木崎は彼にとって、絶対的な運命の支配者となった。悪の快感に溺れた芥川賞作家が、圧倒的な緊迫感とディティールで描く、著者最高傑作にして驚愕の話題作。


●著者● (「BOOK」データベースより)

中村文則(ナカムラフミノリ)
1977年、愛知県生まれ。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。2002年、『銃』で新潮新人賞を受賞してデビュー。04年、『遮光』で野間文芸新人賞を受賞。05年、『土の中の子供』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2009年10月
著者/編集: 中村文則
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 175p




●感想 (週末に読んで記録しておいたものです) ●


ここまで心動かされたのは久しぶりでした。

緊張、共感、そして物語への純粋な好奇心、揺さぶられる感情、緊張・・・とほっとする間なくそれらを繰り返していた感じです。
それはまるで本物の人生を追っているかのような重さを伴っていました。
すっしりでした。
音楽でも、本でも、“自分が圧倒的に好きなもの”をリアルタイムには知らずに過ごしていることが多い私ですが・・・
これもそうだ、と思いました。
世の中にはまだまだ自分が知らない、でも自分が大好きなものが溢れているんだな。
それらをすべて知ることはほぼ無理なんだろう、と思うと同時に・・・
しかしなるべく知りたいもんだと願ったりして。
それにはあまりにもムダが多い過ごし方やねと自分にツッコミ気分です


実はまだ・・・
読後の余韻の中にいますが、この主人公の西村は圧倒的に魅力的でした。
悲しみを知っている冷静で知的な人間という点がまさに。
それは実は作者の内面なんじゃないか、と思ったりして・・・
俄然興味を惹かれてしまいました。
今までも漠然と好きだと思っていたのですが、決定打になりました。
これはね、聞く人に迷惑がられても言いふらさずにはいられない感情ですね。
まるで子どもです、はい

お話の展開的にはバッドエンドかとはらはらしましたが、ラストは微かに希望が残されたものでした。
そういう点も好き。
それこそ、苦痛と喜びを使い分け、ブレンドした匙加減・・・
私の力量では世界を味わうまでには至りませんが、それでも堪能した感たっぷりでした





●「惨めさの中で、世界を笑った連中だ」


●「……私は目の前にある価値を、駄目にしたくなる。……何でだろう。何もいいことなんてないのに。自分が何をしようとしているのか、わからなくなる……、あなたは、何か望みとかある?」


●「この人生において最も正しい生き方は、苦痛と喜びを使い分けることだ。全ては、この世界から与えられる刺激に過ぎない。そしてこの刺激は、自分の中で上手くブレンドすることで、全く異なる使い方ができるようになる。お前がもし悪に染まりたいなら、善を絶対に忘れないことだ。悶え苦しむ女を見ながら、笑うのではつまらない。悶え苦しむ女を見ながら、気の毒に思い、可哀そうに思い、彼女の苦しみや彼女を育てた親などにまで想像力を働かせ、同情の涙を流しながら、もっと苦痛を与えるんだ。溜まらないぞ、その時の瞬間は! 世界の全てを味わえ。お前がもし今回の仕事に失敗したとしても、その失敗から来る感情を味わえ。死の恐怖を意識的に味わえ。それができた時、お前は、お前を超える。この世界を、異なる視線で眺めることができる。俺は人間を無残に殺したすぐ後に、昇ってくる朝日を美しいと思い、その辺の子供の笑顔を見て、何て可愛いんだと思える。それが孤児なら援助するだろうし、突然殺すこともあるだろう。可哀そうにと思いながら! 神、運命にもし人格と感情があるのだとしたら、これは神や運命が感じるものに似てると思わんか?善人や子供が理不尽に死んでいくこの世界で!」


●僕は、自分が死ぬことについて思い、これまでの自分が何だったのかを、考えた。僕は指を伸ばしながら、あらゆるものに背を向け、集団を拒否し、健全さと明るさを拒否した。自分の周囲を壁で囲いながら、人生に生じる暗がりの隙間に、入り込むように生きた。


●僕はそれを見ながら、胸がざわついていた。自分で手に入れたものではない、与えられたものを誇る彼を、醜い存在なのだと思った。


●「僕は、遠くに行かなけれバならないから、もう会えない。……でも、つまらん人間になるな。もし惨めになっても、いつか見返せ」






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

掏摸 [ 中村文則 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)

           

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
 
    
 ブログランキングです よかったらクリックお願いします 
  111.gif             

  
掏摸






●内容● (「BOOK」データベースより)

お前は、運命を信じるか?東京を仕事場にする天才スリ師。彼のターゲットはわかりやすい裕福者たち。ある日、彼は「最悪」の男と再会する。男の名は木崎ーかつて一度だけ、仕事を共にしたことのある、闇社会に生きる男。木崎はある仕事を依頼してきた。「これから三つの仕事をこなせ。失敗すれば、お前を殺す。もし逃げれば…最近、お前が親しくしている子供を殺す」その瞬間、木崎は彼にとって、絶対的な運命の支配者となった。悪の快感に溺れた芥川賞作家が、圧倒的な緊迫感とディティールで描く、著者最高傑作にして驚愕の話題作。


●著者● (「BOOK」データベースより)

中村文則(ナカムラフミノリ)
1977年、愛知県生まれ。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。2002年、『銃』で新潮新人賞を受賞してデビュー。04年、『遮光』で野間文芸新人賞を受賞。05年、『土の中の子供』で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2009年10月
著者/編集: 中村文則
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 175p





●感想●

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 07 : 20 | ★★★中村文則★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<幼女戦記(1) Deus lo vult  / カルロ・ゼン | ホーム | 嘆きの美女 / 柚木 麻子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1400-b69b9200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。