スウィート・ヒアアフター / よしもと ばなな
2016 / 10 / 28 ( Fri )
スウィートヒアアフター







●内容● (「BOOK」データベースより)

大きな自動車事故に遭い、腹に棒が刺さりながらも死の淵から生還した小夜子ー恋人を事故で喪い、体には力が入らず、魂も抜けてしまった。私が代わりに死ねたらよかったのに、という生き残りの重みを抱えながら暮らしている…。惨劇にあっても消えない“命の輝き”と“日常の力”を描き、私たちの不安で苦しい心を静かに満たす、再生の物語。


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

よしもとばなな(ヨシモトバナナ)
1964年東京都生まれ。「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞し、デビュー。「TUGUMI」で山本周五郎賞、「アムリタ」で紫式部文学賞、「不倫と南米」でドゥマゴ文学賞を受賞。著書は世界各国で訳され、イタリアでスカンノ賞、カプリ賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2013年08月
著者/編集: よしもとばなな
出版社: 幻冬舎
サイズ: 文庫
ページ数: 165p





●感想●


文字数は少ないけれども・・・
夢中でストーリーを追うタイプのお話ではなかったので、スピーディーに読むという感じではありませんでした。

死の淵から生還した主人公の小夜は、「死はいつでもそこにある」という感覚に浸ったまま日々を過ごしています。
生と死や、現実や夢や、いろいろな境界線があいまいになった状態の中、彼女の思考はあくまでも純粋。
死にかけたことによってリセットされたら、いきなりシンプル&クリーンになっていた、みたいな。
なんでもないことに優しさや感謝を見い出し、正直に、あるがままに生きる姿は、気負いが無く清々しく・・・
これが悟りの境地か、という感じでした。
死ぬということが感覚で理解できた人に訪れる受容の心なのかもしれません。

「生きてるってそれだけですごすぎて、涙が出ることばっかりなんだよね。」
それに気付けば、限りなく喜びはあふれてくるのでしょうね






●生きているかぎり、朝が来るなんて、なんて夢みたいなシステムなんだろう。人間がどんなにすごいことを考えたって、これにはかなわない。強引に明るくしちゃう以外に、ものごとをみんなリセットしたりチャラにする方法はない。これに乗っていれば命ある限り必ず生き延びられる。太陽ってなんてすごいんだろう。感動してしまう。


●なににつながっているのかわからい、なににもつながってない可能性も大だった。
 それでも、彼の頭の中のハッピーが今この瞬間の私をハッピーにした。
 わたしは、妊娠していなくてしょげていたあの時でさえ、赤ちゃんがいる新婚さんを見ても一度もねたましいとは思わなかった。
 どうしてかって? それは私ではないし、私の赤ちゃんではないからだ。
 そういのをねたましいと思うのは、親からもらったねたみぐせがある人だと思う。
 自分がどんな境遇にいても幸せは赤ん坊はただただ無条件にまわりに力をくれるものだ。親が私をねたみ癖のある人間に洗脳しなかったことを、弱っている期間は特にありがたく思った。
 人の心の中のいい景色は、なぜか他の人に大きな力を与えるのだ。


●だれかの心が自由だということは、他の人をも自由にするんだ、でもそれにはとてつもない無頓着さと強さが必要なのだ、彼を知ってそう思った。


●なんと豊かなことだろう。なんでもある。生きていても死んでいてもなんだっていっしょなんだ、ほんとうはみんながみんな、なんでも持っているんだ。死んでみないと気づけないことなのかもしれない、きっと。



━━余談ですが・・・ねたみぐせを親からもらっちゃった人は不幸ですね~ マンガの意地悪キャラみたいなね━━







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スウィート・ヒアアフター [ よしもとばなな ]
価格:493円(税込、送料無料) (2016/10/28時点)

        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 01 : 29 | ★★★よしもとばなな★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メビウス・ファクトリー  / 三崎 亜記 | ホーム | 夜また夜の深い夜  / 桐野 夏生>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1396-30312d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |