スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
メビウス・ファクトリー  / 三崎 亜記
2016 / 10 / 31 ( Mon )
メビウスファクトリー








●内容● (「BOOK」データベースより)

「この工場で奉仕するために必要なことは、愛情と使命感を持つことだ」ブラック企業を辞め、妻子を連れて地元へUターン就職したアルト。町は巨大工場を中心にシステム化されており、住民は誇りを持って働いている。しかしそこで何が作られているか、実は誰も知らないー。アルトたちも徐々に工場の「秘密」に気づきはじめ…。


●著者● (「BOOK」データベースより)

三崎亜記(ミサキアキ)
1970年福岡県生まれ。熊本大学文学部史学科卒業。2005年『となり町戦争』(第17回小説すばる新人賞受賞作)でデビュー。同作は三島由紀夫賞・直木賞候補になり、さらに映画化され、ベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年08月26日
著者/編集: 三崎 亜記
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 304p



●感想●


一言で言うと・・・
共産主義の本音と建て前みたいなお話でした

一工場を中心に全てが完結するようにシステム化された町。
その巡り(メグリ)の中、それとは知らず監視される町民。
肝心なことは何も知らされず、まるで洗脳されているかのような状況です。
作られた公平・幸福を疑わないその姿は、外から見れば異様なのですが・・・
まるでメビウスの輪の上を歩くように果てなく徹底管理されているのです。

描いている世界が面白かったと思います。
すっきりしないラストですが、それも問題提起というか、真実を、そして自分自身の指針を見極めることの困難さを表していたと思います。
お話は思いきりフィクションですが・・・
他人事ではなく、誰もがこういう状況に陥っているかもしれないという空恐ろしさのようなものを感じました。










「私が誰なら、君は従えるんだい? 君の予想する誰でもなかったとしたらどうする?」
覆面の奥の瞳が私を見つめる。誰でもあって、誰でもない瞳だった。
「私は、誰かに従って動く気はありません。私がどう動くかは、私自身が選び取ります」
誰でもない瞳が、確かに嗤った気がした。
「ここに至るまでの道筋を、君は一人で辿り着いたと思っているのかい?町民たちがねじれた空間をそれと知らずに歩かされているように、君もまた、君の意図せぬ形で、この道筋を歩かされているだけかもしれないよ」









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メビウス・ファクトリー [ 三崎 亜記 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)

          111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   










スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

22 : 00 : 46 | ★★★三崎亜記★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スクラップ・アンド・ビルド  / 羽田 圭介 | ホーム | スウィート・ヒアアフター / よしもと ばなな>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1395-eb9bb6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。