スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ヒトでなし(金剛界の章)  / 京極 夏彦
2016 / 10 / 15 ( Sat )
ヒトでなし









●内容● (「BOOK」データベースより)

娘を亡くし、職も失い、妻にも捨てられた。家も、ない。俺は、ヒトでなしなんだそうだー。そう呟く男のもとに、破綻者たちが吸い寄せられる。金も、暴力も、死も、罪も。求めているものは、赦しなのか?施しなのか?救いなのか?それともー。


●著者● (「BOOK」データベースより)

京極夏彦(キョウゴクナツヒコ)
1963年北海道生まれ。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣』で第四九回日本推理作家協会賞長篇部門を受賞。1997年『嗤う伊右衛門』で第二五回泉鏡花賞を受賞。2000年第八回桑沢賞を受賞。2003年『覘き小平次』で第十六回山本周五郎賞を受賞。2004年『後巷説百物語』で第百三十回直木三十五賞を受賞。2011年『西巷説百物語』で第二十四回柴田錬三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年10月22日頃
著者/編集: 京極夏彦
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 576p



●感想●


正直に言うと、最初は退屈でした。
どん底の状態に置かれた主人公・尾田慎吾の思考を追っていくばかりで、なかなか物語が動かないもので・・・

この小説はこのままこの人の思考を覗き見ていくだけなのか~500ページ以上も
まあ、行間はゆったりだけれども、うーん・・・なんて眠くなったりしながら読み進めました。

しかし・・・
途中から加速度的に興味を惹かれるようになりました。

ヒトでなしとは、そういうことだったか・・・!


まさに涅槃寂静


そこに持っていくまでのあれこれはさすが京極先生

こういう場合、情熱を持って言葉にすればするほど、救いようのない陳腐な表現になるんです私

なのでさっと切り上げることにします~







[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヒトでなし(金剛界の章) [ 京極夏彦 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2016/10/15時点)

              111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 32 : 29 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<透き通った風が吹いて / あさの あつこ | ホーム | ダブルトーン / 梶尾 真治>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1390-fe18a5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。