地下の鳩 / 西 加奈子
2016 / 09 / 28 ( Wed )
地下の鳩






●内容● (「BOOK」データベースより)

大阪最大の繁華街、ミナミのキャバレーで働く「吉田」は、素人臭さの残るスナックのチーママ「みさを」に出会い、惹かれていく(「地下の鳩」)。オカマバーを営む「ミミィ」はミナミの人々に慕われている。そのミミィがある夜、客に殴り掛かる(「タイムカプセル」)。賑やかな大阪を描いて人気の著者が、街の「夜の顔」に挑んだ異色作。


●目次● (「BOOK」データベースより)

地下の鳩/タイムカプセル


●著者● (「BOOK」データベースより)

西加奈子(ニシカナコ)
1977年テヘラン生まれ。カイロ、大阪で育つ。2004年『あおい』でデビュー。07年『通天閣』で織田作之助賞、13年『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2014年06月10日頃
著者/編集: 西加奈子
出版社: 文藝春秋
サイズ: 文庫
ページ数: 248p




●感想●


うーん、あんまり好きじゃなかったなー。
登場人物が自分に自信が無かったり、何かを恥じていたり、満たされていなかったりのいずれかの状態で・・・
リアルなのかもしれないけれど、しんどい世界でした。
痛みを抱えながら生きて、時に自分を欺き、これ以上傷つかない無意識操作をしたりする姿は、こちらとしてはわざわざイメージしたくもないという感じ。
あ、でもそういう部分に共感することもあるから、要は自分は惹かれない人物設定だったということですね。

本編と主人公を変えたサイドストーリー、2つのお話が収録されていましたが、どちらかというと「地下の鳩」より「タイムカプセル」の方が好きかな。
おかまのミミィの内面に少し共感できるところがあったから。
・・・とはいってもえげつないエピソードにはげんなりしましたけれど・・・
まあ、人なんて勝手なもんで、自分のフィルターで他人を見ているという部分はうまく描かれていたと思います。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地下の鳩 [ 西加奈子 ]
価格:572円(税込、送料無料) (2016/9/28時点)

           111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

17 : 44 : 33 | ★★★西加奈子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ダブルトーン / 梶尾 真治 | ホーム | レジスタンス、ニッポン / 戸梶 圭太>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1387-f89f33d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |