去年の冬、きみと別れ  / 中村 文則
2016 / 04 / 23 ( Sat )
去年の冬、きみと別れ




●内容● (「BOOK」データベースより)

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けていた。調べを進めるほど、事件の異様さにのみ込まれていく「僕」。そもそも、彼はなぜ事件を起こしたのか?それは本当に殺人だったのか?何かを隠し続ける被告、男の人生を破滅に導いてしまう被告の姉、大切な誰かを失くした人たちが群がる人形師。それぞれの狂気が暴走し、真相は迷宮入りするかに思われた。だがー。日本と世界を震撼させた著者が紡ぐ、戦慄のミステリー!


●著者● (「BOOK」データベースより)

中村文則(ナカムラフミノリ)
1977年愛知県生まれ。福島大学卒。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞、05年『土の中の子供』で芥川賞、10年『掏摸(スリ)』で大江健三郎賞を受賞。同作品は世界各国で翻訳され、アメリカ・アマゾンの月間ベスト10小説、アメリカの新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」で2012年の年間ベスト10小説に選ばれ、さらに13年、ロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにもノミネートされるなど、国内外で話題をさらった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2013年09月
著者/編集: 中村文則
出版社: 幻冬舎
サイズ: 単行本
ページ数: 192p



●感想●


中村文則さんの小説の暗く静かな感じが好きです。
ストーリーとは別に、そういう質感に惹かれます。
たとえ内容が面白くなくても、好きか嫌いかで分けたら好き。
音楽でいえばマイナーコードが好き、ということと一緒かな、と思います。

今回も冒頭から引き込まれる感じ。
わけのわからない状況を探っていくのが単純に刺激的でした。
全体を通して、よく練られたストーリーだな、と思いましたが・・・
最後のイニシャルに
そういえば冒頭にも同じイニシャルがあったんだった
死刑になるカメラマン(憎悪の対象)と、“大切なきみ”(愛情の対象)の本名のイニシャルはM・M、J・Iということですかね。

ところでこのお話で興味深かったのは、(憎しみを込めて本を捧げられた)カメラマンの性質。
「彼の欲望は、全て誰かの真似なのです。・・・・・つまり、彼の中には何もない」
これ!
自分はたまたま、何でも真似する人にターゲットにされることが多いので、つい注目してしまいました。
ファッションやインテリアなどの好みや、趣味や、話口調、考えまで猿真似する人っていますが・・・
中に何もない人がそういうことをするのですねー。
なので、カメラマンの真似行為に関するエピソードには深く頷くと同時に、改めて嫌悪感を覚えました。
そういう人物設定が自分にとっても憎むべきものだったので、彼が陥れられたことに関して不快感はありませんでした。
リスペクトがある模倣と、パクリは別物ですからねー。

・・・と、個人的なことで熱くなって、問答無用の敵認定という荒っぽいことをしてしまいましたが・・・
登場人物たちによって、人間の純粋さとあくどさを同時に見せられた、というのが大まかな感想です。




          111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 20 : 29 | ★★★中村文則★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ぶらりぶらこの恋 / 吉川トリコ | ホーム | 春の庭 / 柴崎 友香>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1378-7dd27a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |