わたしたちの、小さな家  / 水沢 秋生
2016 / 02 / 20 ( Sat )
わたしたちの、小さな家






●内容● (「BOOK」データベースより)

大学生の片倉希は高台の上にある、赤い屋根の古い二階家に、翻訳家の祖母と二人で暮らしている。両親はものごころつく前に事故で死んだと聞いているが、写真すら残っておらず、顔も知らないままに生きてきた。希の部屋の隣には母親が使っていたという部屋があるのだが、希はその部屋が少し、怖い…。平凡で平穏な日常を送る希だが、彼女を捜し回っているという男の出現をきっかけに、大きな変化が訪れようとしていたー。


●著者● (「BOOK」データベースより)

水沢秋生(ミズサワアキオ)
兵庫県生まれ。出版社勤務などを経てフリーライターに。2012年、第7回新潮エンターテインメント大賞を受賞した『ゴールデンラッキービートルの伝説』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年12月15日頃
著者/編集: 水沢秋生
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 280p




●感想●


簡潔な文章が読みやすかったです。

日常の些細な違和感が確信になり、その果てに待ち受けていたのは━━

終盤の主人公の気づきのシーンでは「俺俺」を思い出してしまいました。

主旨はわかっているつもりですが、ついね。


このお話、もっとホラーに焦点を当てることもできたと思うのですが・・・

そうしなかったのは主人公の品を保ちたかったのかな、なんて勝手に思ってしまいました。

それと作者が著したかったのは命のつながりの壮大さや奇跡?

男女の違いができることによって作られた、遺伝子を受け継ぐ命の形の不思議?

そういうテーマをうまくエンターテインメントにするのは難しいことですよね。

見当違いだったらすんません~








       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

15 : 12 : 31 | ★★★水沢秋生★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<俺たちに偏差値はない。 ガチバカ高校リターンズ  / 福澤 徹三 | ホーム | 鹿の王 上・下 /  上橋 菜穂子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1371-d1d10eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |