スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
幽女の如き怨むもの / 三津田 信三
2015 / 12 / 18 ( Fri )
遊女の如き怨むもの




●内容● (「BOOK」データベースより)

戦前、戦中、戦後にわたる三軒の遊郭で起きた、三人の花魁が絡む不可解な連続身投げ事件。誰もいないはずの三階から聞こえる足音、窓から逆さまに部屋をのぞき込む何か…。大人気の刀城言耶シリーズ最新書き下ろし長編。


●著者● (「BOOK」データベースより)

三津田信三(ミツダシンゾウ)
編集者を経て2001年『ホラー作家の棲む家』(講談社ノベルス/『忌館』と改題、講談社文庫)で作家デビュー。2010年『水魑の如き沈むもの』(原書房/講談社文庫)で第10回本格ミステリ大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

単行本: 566ページ
出版社: 原書房 (2012/04)
発売日: 2012/04




●感想●


これも読んでから数か月・・・

細かいところは忘れていますが・・・

昔の花街のあれやこれやが興味深く、またストーリーにも引き込まれ一気読みしたのは覚えています。

で、まんまと騙されました。

後になってみれば、なぜ違和感を感じなかったのだろう、という思いですが・・・

素直に騙されました。

主人公の幸せを祈りながら読んだので、その点ではもやっとしましたが・・・

退屈なしで読書を楽しみました

(なにせ間が空きすぎたもので、このような曖昧なことしか書けません~)




                111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

15 : 53 : 15 | ★★★三津田信三★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<十号室 / 加藤 元 | ホーム | 院内カフェ /  中島たい子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1366-3ba5e1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。