昨日の海は /  近藤 史恵
2015 / 09 / 26 ( Sat )
昨日の海は






●内容● (出版社より)

カメラマンだった祖父とそのモデルだった祖母。二人の死に秘密があることを聞かされた光介は……。海辺の町を舞台とした青春ミステリー。


●内容● (「BOOK」データベースより)


いつも通りの夏のはずだった。その事件のことを知るまでは…25年前の祖父母の心中事件に隠された秘密とは。残された写真、歪んだ記憶、小さな嘘…。海辺の町を舞台とした切なくてさわやかな青春ミステリー。


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

近藤史恵(コンドウフミエ)
1969年、大阪生まれ。1993年に『凍える島』で第四回鮎川哲也賞を受賞し、作家としてデビュー。2008年には『サクリファイス』で第十回大藪春彦賞を受賞、また本屋大賞2位にも選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年07月17日頃
著者/編集: 近藤史恵
出版社: PHP研究所
サイズ: 単行本
ページ数: 285p





●感想●


連休に読みました。

このお話の主人公はごく普通の高校生の男の子。

今どきにしては分別のある、とってもいい子。

そんな彼が知った、日常に埋もれていた秘密。

血がつながっているからといって人の内面がわかるわけではない・・・。

自らの行動によって真相に迫った彼ですが、
それによって有無を言わさず大人への扉を開くことになったということですね。

知ってしまったからには・・・もう以前に住んでいた無邪気な世界に戻れないのです。

大人になるということは切なくもありますね。




●「早く大人になるのは悲しいわ。大人にならなきゃいけないと思うから、大人になるの。子供のままでは対処できないことがあるから、大人になるの」


●騒ぎ立てて、なにもかも明らかにするばかりが正しいやり方ではない。
  口をつぐんで、知らなかったふりをすることだってできる。
  正しいということが、なんの力も持たないときだってあるのだ。


●秘密や痛みを抱えていても、目の前の人を気遣い、思いやって生きることはできるのだ、と。
  それはカメラの前で微笑むことに少し似ている。

●大人になるということは、小さくない秘密を抱えることなのかもしれない。





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 07 : 19 | ★★★近藤史恵★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<院内カフェ /  中島たい子 | ホーム | ふたり狂い / 真梨 幸子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1364-a94884e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |