スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
長いお別れ / 中島 京子
2015 / 08 / 31 ( Mon )
9784163902654.jpg






●内容● (出版社より)

帰り道は忘れても、難読漢字はすらすらわかる。
妻の名前を言えなくても、顔を見れば、安心しきった顔をするーー。

東家の大黒柱、東昇平はかつて区立中学の校長や公立図書館の館長をつとめたが、十年ほど前から認知症を患っている。長年連れ添った妻・曜子とふたり暮らし、娘が三人。孫もいる。

“少しずつ記憶をなくして、ゆっくりゆっくり遠ざかって行く”といわれる認知症。ある言葉が予想もつかない別の言葉と入れ替わってしまう、迷子になって遊園地へまよいこむ、入れ歯の頻繁な紛失と出現、記憶の混濁ーー日々起きる不測の事態に右往左往するひとつの家族の姿を通じて、終末のひとつの幸福が描き出される。著者独特のやわらかなユーモアが光る傑作連作集。


●著者● (「BOOK」データベースより)

中島京子(ナカジマキョウコ)
1964年生まれ。2003年、田山花袋『蒲団』を下敷きにした書き下ろし小説『FUTON』で作家としてデビュー、野間文芸新人賞候補となる。2010年『小さいおうち』で第一四三回直木賞を受賞、2014年山田洋次監督により映画化される。同年『妻が椎茸だったころ』で第四二回泉鏡花文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年05月27日頃
著者/編集: 中島京子
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 263p





●感想●


「インドクリスタル」を読んだ後だったので・・・

一言で感想を言えば文字数少なっ、でした

連作集ということで、なんとなく物足りなさも感じたりして・・・。

でも、お話の所々にはリアリティ-を感じました。


認知症(長いお別れ)の描写というと暗いものになるのでは、と予想しましたが、このお話はそうでもなく・・・

東昇平や妻・曜子の人柄が可愛らしいので、思わず笑ってしまうシーンも多くありました。

でもさすがに、昇平の病気が進行するに従い、深刻さが増していきましたね。

高齢化社会の問題点や課題について、クオリティオブライフについて等、
具体的に考えさせられるような流れになっていったと思います。

多くが核家族化した現在、今後顕在化していくテーマですね。


普段はそうでもないのに、なぜか映画鑑賞と読書中は涙もろい私。

物足りないとか言っておきながら今回も泣きました。

「入れ歯をめぐる冒険」の「私、あなたのことが好きみたい」(認知症のおばあちゃんが息子に対して言った台詞)の辺りと「QOL]のラスト辺りはキました。

“長いお別れ”はもしかしたら本人は幸せ、というケースもあるかもしれないけれど、まわりは切ないなー。

でも、いろいろ鈍感になって、ぼんやり状態で恐怖や悲しみを感じずに逝けるならそれがいいか、と思ったり・・・

誰でもいずれは死ぬのだけれど、受け止め方は人それぞれですね。

正直、今は積極的・具体的には考えたくないテーマかな~。





       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 http://rosetruerose.blog102.fc2.com/blog-entry-1360.html
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 36 : 46 | ★★★中島京子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もたない男 / 中崎 タツヤ  (ふりかえり読書録) | ホーム | インドクリスタル /  篠田 節子>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1361-3e9e278f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。