いなくなった私へ  /  辻堂 ゆめ
2015 / 05 / 15 ( Fri )
9784800237293.jpg





●内容情報● (「BOOK」データベースより)

人気絶頂のミュージシャン・梨乃は目を覚ますと、誰にも自分と認識されなくなっていた。さらに自身の自殺報道を目にした梨乃は自らの死の真相、そして蘇った理由を探りはじめるが…。2015年第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作。


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

辻堂ゆめ(ツジドウユメ)
1992年生まれ。神奈川県藤沢市辻堂出身。2015年3月、東京大学法学部卒業見込み(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年02月
著者/編集: 辻堂ゆめ
出版社: 宝島社
サイズ: 単行本
ページ数: 393p



●感想●

軽く読めました。
「目を覚ますと、誰にも自分と認識されなくなっていた」という設定が新鮮で、
なんでなんで~?という気持ちで純粋に楽しみました。

主人公の性格設定が好きだったので、おこがましくも主人公に感情移入しながら・・・
淡い恋愛の行方にも少しときめきがなら・・・

なんでなんで~?の答えは少しガッカリなものでしたが、そのフォローもありましたしね。
謎解きもスッキリ、シンプルでした。
時にはこういうお話をさくっと読むのもいいのかな、と思いましたよ~

しかし女性の怖さは女性だからこそ書けるものなのかもしれませんねー。
一方、主人公のような無垢な女性もいるのです。
意地悪に気付かない鈍感力と純粋さは強いのか弱いのか謎ですよね。
気付かなければ「強」、気付いてしまったら「弱」ということですかね







          111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

17 : 25 : 54 | ★★★辻堂ゆめ★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神様の裏の顔 / 藤崎 翔 | ホーム | 教団X / 中村 文則>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1346-ba56b6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |