スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
笹の舟で海をわたる / 角田 光代
2015 / 04 / 21 ( Tue )
9784620108070.jpg



●内容情報● (「BOOK」データベースより)

あの日、思い描いた未来を生きていますか?豊かさに向かう時代、辛い過去を葬ったまま、少女たちは幸福になったのだろうかー。激動の戦後を生き抜いたすべての日本人に贈る感動大作!



●著者情報● (「BOOK」データベースより)

角田光代(カクタミツヨ)
1967年、神奈川県生まれ。90年「幸福の遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、13年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



●基本情報●

発売日: 2014年09月
著者/編集: 角田光代
出版社: 毎日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 407p



●感想●

後半は涙ボトボト(泣きすぎて頭痛です)
人の一生とは何なのだろう・・・読み終わった時にそんなふうに思いました。
渦中は、特に苦しい時は長い長い時間に思えたことも、
先が短くなった時に振りかえればまるで一瞬のことに思えるのでしょうね。
自分なんかも、通り過ぎた過去は夢のように、あっという間に過ぎたように思いますから・・・


幼少期に疎開を経験した主人公の左織が、偶然に出会った風美子。
疎開先で一緒だったと言う彼女の存在は、思いがけず左織の人生に影響を与えることに・・・。
左織の夫・温彦の弟の潤司と結婚し義理ではあるけれども妹となった風美子の行動は計画的なものなのか。
人生を思い通りに切り開き、どんな場所でも居場所が確保されている、華やかな存在の風美子に左織が感じるのは
嫉妬、羨望、敗北感、疑念・・・。
自分と折り合いの良くない長女がなつくのも、何を考えているかわからない物静かな夫が笑顔を見せるのも風美子。
出会いからずっと、苦しい時には必ず助けてくれた相手に素直に感謝できない罪悪感や劣等感が伝わってきて、
左織と共に複雑な思いを味わいながら読み進みました。

戦争から昭和の激動、天皇の崩御から平成へ・・・
時代背景が上手に織り込まれていることもあり、一人の女性とその周囲の人生を追ったストーリーであると同時に
日本という国の足跡という点も意識させられる展開。
私は後半のニューヨーク旅行のシーンで、左織の思いにハッとさせられました。
それは「この国と戦って負けたのだ」という思い。
今、こんな風に感じる日本人はどれくらいいるでしょうか?

苦しみしか思い出さないような過去は葬ることを自然に選択した人々・・・。
先人のつらい過去など知ろうともしない若者・・・。
いろいろな形が入り混じっていますが、でも、そこにはそれぞれの人生が在ります。
ひとつひとつ見てみればいろいろあるだろう人生も、大きな流れの中では幸も不幸も見えず・・・
在ったものが、やがて無になるという真理から逃れることはできません。
まるで“笹の舟で海を渡る”ような心もとなさです。

しかし誰もが、当然自分の人生の主人公であって、当事者としていろいろなことを味わうのですね。
その個人の視点も親になると境界線が曖昧になって、特に母親は子どもを自分の分身のように感じてしまうものですが・・・
そうではないというところに失望と希望、そしてその絆の強さと弱さの両方を感じさせられました。





●「いつから悲しいという感情は芽生えるのかしら」そんな風にきいてみる。
「そりゃあ、生まれたときからあるだろう」温彦は即座に答え、左織は驚く。人は生まれたときから悲しみを知っているのか。かなしむべきことなど、ひとつも味わっていないのに。

●みんなが離れていくのも、人生が思い通り進まないのも、この人のせいなんかじゃなかった。何か決めるたび、何か選ぶたび、何かしなくてはいけないたび、私はあの、本来の私とは隔たった幼い子どもに押しつけてきたのだ。思考を停止し、何も決めず何も変えず、じっとただ眺めていることを、あの子にさせてきたのだな。今の私の人生を作っているのは、あの貧しくて弱い女の子だ。

●歌のうまい、いじめ尽くされた、薄汚れた顔の小さな女の子が仕返ししたかったのは、班長でもだれでもない。人生だ。自分の人生。意志に反して知らない場所に連れていかれ、人を信じる気持ちも頼る気持ちも奪われて、戻る居場所も家族も奪われて、たったひとりで生きなければならなくなった女の子は、自分の人生に復讐すると決めたのだ。ほしいものを手に入れて、いらないものを切り捨てて、雑草でも毒でも食べて栄養にして、平然と奇跡を起こし続ける。思いどおりに、好きなように生きること、それこそが、従うことしかできなかった、あのつらい日々への仕返しなのだ。

●私は幸せかしら? 不幸かしら? ああやっぱり、悪いことをしたら不幸になるのでも、いいことをしたから幸せになるのでもない。そのどちらもが、人生に影響など及ぼさず、ただ在るのだ。ただ在る、でも私たちはそれから逃れられない。






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 28 : 40 | ★★★角田光代★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<教団X / 中村 文則 | ホーム | 痴人の愛 / 谷崎 潤一郎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1345-515bdbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。