虫娘 / 井上 荒野
2015 / 03 / 15 ( Sun )
9784093863834.jpg



●内容情●】(「BOOK」データベースより)

四月の雪の日。あの日、あたしは生き返らなかった。その夜、シェアハウスで開かれたパーティで、いったい何があったのか?悪意と嫉妬、自由と不自由ー小さな染みがじわじわ広がり、住人たちは少しずつ侵されていく。ミステリー&恋愛小説。


●著者情報●(「BOOK」データベースより)

井上荒野(イノウエアレノ)
1961年東京生まれ。89年「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞を受賞して作家デビュー。2004年『潤一』で島清恋愛文学賞、08年『切羽へ』で第139回直木賞、11年『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2014年08月27日頃
出版社: 小学館
サイズ: 単行本
ページ数: 248p



●感想●

けったいなタイトルだな~、どんな内容なんだろ?と思い借りてみた本です。
虫は嫌いなので、グロいお話だったら途中でやめよう、と。
“虫”は直接的に出てきたわけではなく、例えだったので一安心でした。

お話は・・・
文字数が少なかったのに読むのに苦労しました。
登場人物が皆魅力に乏しくて、ミステリー要素も中途半端で・・・。
鈍感な私が先を読んでしまいましたし
ただ、教訓はありました。
━━後悔先に立たず━━
━━生きているうちが花━━

所詮、人の気持ちは理解したつもりでも“自分なりに”理解しただけ。
ラストはなんだか切ない気持ちになりました。
いつ死んでもいいように生きるのが理想ですが、それができている人は僅かでしょうね。





              111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

      
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

13 : 35 : 30 | ★★★井上荒野★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<てのひらの闇 / 藤原 伊織 | ホーム | 水の柩 / 道尾 秀介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1336-51223f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |