水の柩 / 道尾 秀介
2015 / 03 / 09 ( Mon )
9784062172578.jpg



●内容情報●(「BOOK」データベースより)

老舗旅館の長男、中学校二年生の逸夫は、自分が“普通”で退屈なことを嘆いていた。同級生の敦子は両親が離婚、級友からいじめを受け、誰より“普通”を欲していた。文化祭をきっかけに、二人は言葉を交わすようになる。「タイムカプセルの手紙、いっしょに取り替えない?」敦子の頼みが、逸夫の世界を急に色付け始める。だが、少女には秘めた決意があった。逸夫の家族が抱える、湖に沈んだ秘密とは。大切な人たちの中で、少年には何ができるのか。


●著者情報●(「BOOK」データベースより)

道尾秀介(ミチオシュウスケ)
1975年生まれ。2004年に『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。’07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、’09年『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞(長編部門)、’10年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞、’11年『月と蟹』で第144回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

●基本情報●

発売日: 2011年10月
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 286p



●感想●

真夜中の一気読み。
読んでいてあまりにつらいので・・・
この気持ちを抱えたままでは眠れない、と思い最後まで突っ走りました。

これはそもそも自分で読もうと思った本ではありません。
娘に「図書館で面白そうな本を借りてきて」と頼んだ結果渡されたもの。
たまにギャンブル気分でそういう遊びをします。

しかし、このお話は読むのがしんどかったです。
人の辛い気持ちを描写した文章はきついものですね。
主人公・逸夫の同級生・敦子と祖母のいく、二人の気持ちを思うとどんよりとして・・・
途中からはおんおん泣きながら読みました。
こんなに涙が出るのか!というくらい(自分の辛い出来事ではそこまでにならないのに・・・)

途中まで、逸夫の幸せ者ならではの鈍感さがまたストレスを増してくれました
まあ、子ども時代はそうあるのが理想で、ある時まで彼は子供だったということです。
言い古されていることですが、自分が苦しみを知ることにより、人の苦しみもより理解できるようになるのですね。
最終的に・・・
生きていくことの苦しみを知り、その苦しみを超えてなお生き続けるための術「希望」に気づき、
守られた「普通」の世界から脱皮し、一気に成長した逸夫。

心を揺さぶられた感が強い時ほど思うことですが・・・
こんなお話を真実味たっぷりに創造できるなんて、作家は一体どういう精神構造なんだろう、なんて思ってしまいます。



●「まず思い込むことが大事なんだよ、何をするにしても。世の中のほとんどのことには、どうせ正解なんてないんだから。面白いとか正しいとか、何でも思い込んだもん勝ちだよ」

●欲しい時は、欲しいっていうんだよ。自分がいくら欲しがっててもね、誰にもそれを教えなかったら、絶対もらえないんだよ。

●ぜんぶ忘れちゃって、新しい気分でやり直しちゃえばいいじゃないの━━とにかくぜんぶ忘れて、今日が一日目って気持ちでやり直すの。

●何かが解決するのと、何かをすっかり忘れてしまうのと、どう違うのだろう。


しかしいじめは許せない。“許さない心”が次の戦いを生むのだとわかっていても…正義感という戦う心を持ってしまう 悟りたいという気持ちはあるのですが、難しいものです。



   111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

10 : 34 : 56 | ★★★道尾秀介★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<虫娘 / 井上 荒野 | ホーム | 葉桜 / 橋本 紡>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1335-095ff56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |