スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
のぞきめ / 三津田 信三
2014 / 07 / 25 ( Fri )
9784041103463.jpg



●内容情報● (「BOOK」データベースより)


昭和も残り少なくなった、ある夏。辺鄙な貸別荘地にバイトに来た成留たちは、禁じられた廃村に紛れ込み、恐怖の体験をする…(『覗き屋敷の怪』)。昭和の初期。四十澤は、学友の鞘落から、自分の家には“のぞきめ”という化物が取り憑いていると打ち明けられる。やがて四十澤は、鞘落家を訪ねるのだが…(『終い屋敷の凶』)。





●感想● 


読んでいる最中はそうでもなかったのですが・・・

不気味なムードにのまれていたのか、初日には夢を見てしまいましたよ

はっと目覚めた時になんだか恐怖感が残っているような夢でした


そんなわけで、怪談めいた雰囲気を味わいながら、退屈ゼロで読み終わったところです。

結局、一番恐ろしいのは“人”ですね。

その結論に持っていった謎解きには納得

『序章』 『覗き屋敷の怪』 『終い屋敷の凶』 『終章』 と見事にお話がつながったと思います



        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

20 : 23 : 31 | ★★★三津田信三★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スマドロ / 悠木 シュン | ホーム | 珈琲店タレーランの事件簿また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1319-f8e6bf9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。