珈琲店タレーランの事件簿また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を
2014 / 07 / 19 ( Sat )
9784800200723.jpg





●内容情報● (「BOOK」データベースより)


京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去がありー。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。




●感想●


ここのところは、図書館で借りて本を読んでいます。

最近はどんどんケチになってきていて、本の衝動買いも少なくなりました。
前は本だけは買ってしまうタチだったのですがね~。
理想はミニマリスト?なので、なるべく物を買わないようにしようと思っています。
なんて・・・無駄遣いをなるべくしないように、という気持ちも大きいです。

しかし、新しい本は、予約してもすごい待ち人数ですね。
本当は、面白そうと思った本を、面白そうと思った時に即読みたい
でなければ、図書館にある本を片っ端から読みたい
すべての時間を自由に使えたらいいのに・・・
そういう妄想をふくらませていることはしょっちゅうです。

で、図書館の棚にあったこの本、ちょうどお出かけ用に軽い文庫本を求めていたので読んでみました。

喫茶店が舞台のこのお話、コーヒー好きならなお面白いのでしょうか?
ストーリーよりも、美星バリスタとアオヤマの会話のやり取りがいい感じでした。
若者同士なのに、一定の距離がある、丁寧な言葉のやり取りが新鮮だったのかな。
藻川老人もいい味を出していましたね。
全体的に、軽ーいアメリカンコーヒーのようなテイストだった気がします。

本来、自分が好きなタイプとは違うお話でしたが・・・
幅広く知らないものを知るのは面白いです。
それを可能にしてくれるのが図書館のよさですね





     111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

    
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

07 : 42 : 17 | ★★★岡崎琢磨★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<のぞきめ / 三津田 信三 | ホーム | 7月24日通り / 吉田 修一>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1317-9520f1f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |