模倣の殺意 / 中町 信
2014 / 01 / 30 ( Thu )
moho.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)
七月七日の午後七時、新進作家、坂井正夫が青酸カリによる服毒死を遂げた。遺書はなかったが、世を儚んでの自殺として処理された。坂井に編集雑務を頼んでいた医学書系の出版社に勤める中田秋子は、彼の部屋で偶然行きあわせた遠賀野律子の存在が気になり、独自に調査を始める。一方、ルポライターの津久見伸助は、同人誌仲間だった坂井の死を記事にするよう雑誌社から依頼され、調べを進める内に、坂井がようやくの思いで発表にこぎつけた受賞後第一作が、さる有名作家の短編の盗作である疑惑が持ち上がり、坂井と確執のあった編集者、柳沢邦夫を追及していく。著者が絶対の自信を持って読者に仕掛ける超絶のトリック。記念すべきデビュー長編の改稿決定版。


●著者● (「BOOK」データベースより)

中町信(ナカマチシン)
1935年1月6日、群馬県生まれ。早稲田大学文学部卒。出版社勤務のかたわら、67年から雑誌に作品を発表。第17回江戸川乱歩賞の最終候補に残ったのが、初長編の本書であった。以降、叙述トリックを得意とし、現在に至っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2004年08月
著者/編集: 中町信
出版社: 東京創元社
サイズ: 文庫
ページ数: 327p






●感想●

半分だけだまされた、という感想です。

私は鈍感なタチですが・・・

盗作の件については早くから察しがついてしまいました。

しかし途中途中で感じた違和感が計算尽くのものだったとは・・・

人の思い込みを利用した構成にはだまされました~

これ、1971年の作品だったのかー。

当時としては革新的な作品だったのでしょうね






【送料無料】模倣の殺意 [ 中町信 ]

【送料無料】模倣の殺意 [ 中町信 ]
価格:777円(税込、送料込)

    111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


   
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

21 : 00 : 56 | ★★★中町信★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<暗黒女子 / 秋吉 理香子 | ホーム | 瓦礫の矜持>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1293-9abcdb86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |