スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
瓦礫の矜持
2014 / 01 / 26 ( Sun )
12003740.jpg



正義とは・・・
道徳とは・・・
人間の本質について考えさせられるお話でした。
様々な登場人物がいたるところで、正義や組織の腐敗について持論を語っているのが印象的でした。

100%正しい人はいない。
本人にその自負があったとしても、万人から見て100%正しい人はいません。
しかし自分はよりよく生きたいし、同じように考えている人が好きです。
逆に美学が無い人、感謝が無い人は嫌いです。
でも・・・
その“嫌い”という感情ひとつとって見ても、マイナスの感情を持つこと自体減点対象ですね。
よりよく生きたいという、本来なら正しいはずの意識が“正しくない”感情を持つ理由の源になる・・・
皮肉な連鎖です。

今回私が注目したのは・・・
序盤は腐敗しきった人物として描かれていた黒羽隊長。
実は複雑な感情を抱えながら、矛盾を受け入れている人物です。
正しいことをするために“正しくない”自分や他人を受け入れているのです。
苦悩を抱えながら外側を取り繕っている様には、心打たれるものがあります。
人間、いろいろなタイプの人がいますが、こういう複雑な人にはどうしても心を持っていかれます。
例えば・・・
敵対関係にあったとしても、思わず称えたくなるような相手はホンモノだと思います。
さらに進んで、称え合えることができたら、きっと幸せなことでしょう。
そういう人に出会いたいという願望を思い出させてくれる人物でした。

今回のお話で面白かったことは・・・
登場人物が皆、完全にいい人間でも悪い人間でもなかったこと。
リアルでした。




権力に近い組織ほど、腐敗も深くなる。結局、人間という動物はみな弱いのだ。正義を貫くには鋼鉄の意思が必要だが、その意思がない人間ほど安泰を求めて権力に近い職務を選びたがる。


正義なんて大きな問題じゃないよ。結果も二の次だ。プレイヤーがどれだけの満足を得られるか、それが一番大切なんだ。ゲームの本質はそこにあるんだし、そもそもそれこそがこの社会の仕組みそのものだって気がする。


ごく普通の人間ってのは、いいところと同じくらい、悪いところがある。そうだろう?





    111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

13 : 58 : 19 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<模倣の殺意 / 中町 信 | ホーム | 消滅のリスト / 五條 瑛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1292-05d6124b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。