舟を編む / 三浦 しをん  (ふりかえり読書録)
2015 / 08 / 11 ( Tue )
9784334927769.jpg





●内容● (「BOOK」データベースより)

玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていくー。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのかー。


●基本情報●

発売日: 2011年09月
著者/編集: 三浦しをん
出版社: 光文社
サイズ: 単行本
ページ数: 259p

・・・2012年本屋大賞 大賞受賞・・・




●感想●

話題の本はやはり面白いのですねー

思わずぷっと吹き出してしまったシーンがたくさんありました

長編好きの私から見ると、後半の展開があっけなく、正直やっつけ感を感じたのですが・・・

それでもやはり面白いお話でした

例えば、その名の通りの馬締(まじめ)君のバカ真面目さが面白い他・・・

彼の不器用さに共感したり、有能なのにコミュニケーション下手なところに同情したり、
“静かに持続するエネルギーを秘めたところ”に惹かれたり、という具合

馬締君と香具矢さんの似たもの同士ぶりも素敵でした

猫好きな私としては、2人とも猫タイプの人間に思えましたね

群れない、媚びない、自分に忠実

こんな人だったら自分も自然体で接することができるかも?なんて思えました。

同時に、周囲の人達も愛すべきキャラクター。

嫌なタイプの人が出てこないお話はストレス無しで読後感も爽やかでした~



★今まで辞書がどんな風にできるのか、なんて考えたこともなかったのですが、

利き酒ならぬ利き辞書ができたら面白いだろうな~、なんて思いました

で、うちにある辞書なのですが・・・

私が子供のころから使用しているものなので、とにかく情報が古い古い

やはり新しいものを入手しなくちゃかな、という気になりました。

言葉というのはナマモノで、だからこそ面白いのですねー!



関係ないけど、私も“めれん”になるのは程々にしないと~




✿この感想は2013年4月にメモしておいたものです✿





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

13 : 05 : 36 | ★★★三浦しをん★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<赤い呪縛 / 小杉 英了 | ホーム | 届け物はまだ手の中に / 石持 浅海>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1281-14719867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |