魔性の子 / 小野 不由美
2013 / 03 / 29 ( Fri )
51OO.jpg



魔性の子である高里━━

突き詰めると人が生きることはきれい事ではありません。

一見誰かを思う尊い気持ちにエゴが入っていたり、嫉妬があったり・・・

人の醜い面をこれでもか、と描写してあるからか、清浄の極みである高里の存在が際立ちます。

そしてまわりで次々に死んでいく人間たちが当然の報いを受けたかのように思えるのです。



━━人が、人であること自体がこんなに卑しい━━

私もよく考えることです。

大人になるにつれて立派な内面を持つようになるのかと思っていましたが・・・

自分を含め、どうやらそうでもない気がします。

たぶん人は死ぬまで未完成なのでしょう。

全てを持っている人はいないから、人は助け合って生きねばならないのだ、という説もありますが・・・

自分の“欠け”を意識することすらできない人がいて、そういう人に限って他人を悪者にするものです。

悩まずにすむための防衛本能でもあるのでしょうが。



「人は汚い卑しい生き物だよ。

それは俺達人が背負った宿命で、人に生まれた限りそこからは逃げられやしない。

エゴのない人間はいねぇ。我欲のない人間は人間じゃねぇんだ」



【送料無料】魔性の子 [ 小野不由美 ]

【送料無料】魔性の子 [ 小野不由美 ]
価格:704円(税込、送料込)

   111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

  



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

16 : 14 : 36 | ★★★小野不由美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<じらしたお詫びはこのバスジャックで / 大橋慶三 | ホーム | 偽憶 / 平山 瑞穂>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1280-779186d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |