スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シューマンの指 / 奥泉 光
2011 / 11 / 25 ( Fri )
シューマンの指






●内容● (「BOOK」データベースより)

シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。鮮やかな手さばきで奏でる“書き下ろし”長篇小説。


●著者●(「BOOK」データベースより)

奥泉光(オクイズミヒカル)
1956年、山形県生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒業。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。現在、近畿大学教授。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、1994年「石の来歴」で芥川賞受賞。2009年『神器 軍艦「橿原」殺人事件』で野間文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2010年07月
著者/編集: 奥泉光
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 314p





●感想●


ピアノは弾きますがクラシックには疎い私。

シューマンのあれこれを語られても理解できないというのが正直なところです。

「トロイメライ」は聴いたことあるな~、なんてレベルなので

ただメジャーではない音楽への偏った趣味は理解できますよ~

私自身、今のヒットチャートはほとんどが爽やかすぎ&ポップすぎで苦手ですから

歌詞も曲も、もっとお腹にドスドスくるようなの来い!とね。

で、何が好きで何が嫌いか、語れる場があれば語り明かしたいくらいなのですよー

修人のように一人よがりに、その世界がわからん奴を小バカにしながらね。

って、一緒にするなってことですよね~、ハイ



この本、はっきり言ってまどろっこしい展開のお話なのですが・・・

意外に嫌いじゃなかったです。

何がってその屈折した世界がね。

外面を整えておきながら、内で悶え猛っている様がね。

一人の人間の内面を覗き見たという感覚で楽しめました。


ただ、ミステリー的内容を期待しちゃうと、ガックリしちゃうかもしれませんね~

なので、他人様にはオススメできないお話でしたっ






【送料無料】シューマンの指

【送料無料】シューマンの指
価格:1,680円(税込、送料別)


111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

14 : 08 : 51 | ★★★奥泉光 ★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<誘拐児 / 翔田 寛 | ホーム | 優しいおとな / 桐野 夏生>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1250-56b5fcb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。