屍界〈Narcotic World〉 R/EVOLUTION 9th Mission / 五條 瑛
2011 / 11 / 01 ( Tue )

私にとって五條瑛さんの本は“間違いない”もの。

そしてなぜか必ず泣かされるお話なのです。



これは10作完結予定の革命シリーズの9作目ですが、
今までの登場人物が繋がって厚みのあるストーリーになっていました。

これだけ多くの登場人物を書き込むのは相当なことだと感心するしかありません。

それぞれが自分の人生を生き、その人生が交錯している様は物語の中という気がしませんね。


そして最終章に向けて私が一番気になるのは亮司の運命、それに日本がどうなっていくのかですね。

その他にも邪悪の塊の大川や、すでに大物の風格の向季や、櫂やすみれも・・・

って、気になるのは全員・全部ですね~。



日本人は多国籍の力強さに呑まれてしまうのかもしれない・・・

亮司が恐怖を感じるシーンが印象的でした。

そしてそれは、そのまま今の日本にも言えることなのではないかと思いました。

植物でも、生物でも日本のものは繊細で外来種に負けてしまっている現状がありますからね~

どう変化するのかはわかりませんが、日本本来の良さは失いたくないものです。



おっと、脱線しましたが、どんな結末になるのか、ドキドキです~






奇声を上げ、ポテトやパイを粘土のようにこね回している子供を無視して、お喋りに夢中な母親たち。制服で煙草を吸っている男子生徒と、その隣で必死に化粧をしている女子生徒。
――いつか、みんな殺してやろう。いつか必ず。

この殺意が理解できてしまう私って・・・




【送料無料】屍界

【送料無料】屍界
価格:1,890円(税込、送料別)



111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 28 : 53 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<よろずのことに気をつけよ / 川瀬 七緒 | ホーム | きことわ / 朝吹 真理子 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1243-2917ef8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |