スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
漢方小説 / 中島 たい子
2011 / 10 / 18 ( Tue )

主人公はストレスを抱えた31歳の女性。

ハッピーにはほど遠い日々を送っているのですが、
漢方診療所に通ううちにいろいろな出来事が・・・



この本、ほのぼのと読めました。

主人公の感性がおもしろくて、思わず笑ってしまうことが多々

この感じは、先日読んだ「花桃実桃」と似ていました。

トラブルにあったりするシーンでもどこか笑える部分が描いてあるのです。

こういう感性は好きですね~。



ちょっぴり漢方についての知識も得ることができましたが・・・

東洋的な見方で心身ともにバランスがとれている人はいいですね。

ゆらぎながらも、常に“真ん中”に戻れる人間でいられたらなー。



主人公の淡い恋(淡すぎて恋というよりは好意?)もまたよかったですね。

かわいらしくて、ちょっともどかしくて。

最後のページできゅんとさせてもらって・・・ほどよく満足です



【送料無料】漢方小説

【送料無料】漢方小説
価格:1,260円(税込、送料別)


111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 01 : 35 | ★★★中島たい子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ファミリー・レストラン / 東山 彰良 | ホーム | 仏果を得ず / 三浦 しをん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1240-29821866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。