アミダサマ / 沼田 まほかる
2011 / 02 / 02 ( Wed )
アミだ




陰気で鬱々とした気分になるお話でしたね~

特に性的なものを連想させる部分は悉く、たいした描写があるわけではないのに嫌悪感を感じました。

DV的場面も細かい描写があるわけではなかったのですが、やはり勘弁してくれ、という感じでしたね。

最初から全体的に悪意や陰湿なムードに満ちていて、その感じが苦手だったので・・・

たまに訪れる読書修行と割り切りました。

途中でやめればいいのに、ついつい最後まで読んでしまうのは貧乏性だからでしょうか。

とにかく、これは私には何の魅力もない本でした

・・・といっても、あくまでも私個人の感覚です。

ラストだけ、ちょっぴり救われるような展開でしたが・・・

それまでに相当のダメージを負っていたので、当然疲れきった神経は癒されることなく終わったという次第です



【送料無料】アミダサマ

【送料無料】アミダサマ
価格:1,680円(税込、送料別)



アミダサマアミダサマ
(2009/07)
沼田 まほかる

商品詳細を見る


111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ








スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

14 : 44 : 26 | ★★★沼田まほかる★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<俺俺 / 星野 智幸 | ホーム | 少女七竈と七人の可愛そうな大人 / 桜庭 一樹>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1224-e1327c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |