スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
太陽の塔 / 森見 登美彦
2011 / 02 / 01 ( Tue )
太陽の塔




この文章好きです~

なんといっても言葉のチョイスが気に入りました。

そしてその言葉を使った文章のセンスも。

少なくとも途中までは――

ストーリーよりも、文章の面白さに惹かれて読み進んだという感じですね。



このお話は簡単に言うとある大学生の手記なのですが・・・。

その独りよがりな感性がとても笑えます。

時に大真面目に、時にふざけた表現で、時に斜から目線の――

ばかばかしく、しょーもない内容と思える手記が続くのですが・・・


ラストシーンで露になるのです。

そのばかばかしさに隠されていた主人公の切ない気持ちが

こういう展開には弱いのです、私。

この主人公は愛すべき人物でしたね。

他の登場人物も個性があってよかったです

途中ダレダレに感じる部分もありましたが、全体的に好印象の本でした




【送料無料】太陽の塔

【送料無料】太陽の塔
価格:420円(税込、送料別)


太陽の塔太陽の塔
(2003/12/19)
森見 登美彦

商品詳細を見る

111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

12 : 56 : 28 | ★★★森見登美彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<少女七竈と七人の可愛そうな大人 / 桜庭 一樹 | ホーム | 終末のフール / 伊坂 幸太郎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1219-296f425e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。