スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
骸骨ビルの庭(上)(下) / 宮本 輝
2010 / 01 / 27 ( Wed )

最近、不本意な事態なのですが、読書に集中していないので・・・。

またまた読むのに時間がかかってしまいました

そういう状況だったので、たくさんいる登場人物が把握しにくかったですね。

一気読みの場合はそんなことにはならないのにね~。

この本、タイトルがケッタイですよね。

どんなお話なんだろ?と思いながら読み始めたのですが・・・。

アマゾンのあらすじを借りると、

住人たちを立ち退かせるため、八木沢省三郎は管理人として骸骨ビルに着任する。そこは、戦後、二人の青年が子供たちを育てた場所だった。食料にも事欠き、庭で野菜を作りながら、彼らは命を賭して子供たちと生きた。成人してもなおビルに住み続けるかつての子供たちと、老いた育ての親、それぞれの人生の軌跡と断ち切れぬ絆が八木沢の心を動かす。すべての日本人が忘れられない記憶。現代人が失った純粋な生き方が、今、鮮やかに甦る。

・・・という内容でした。

お涙頂戴なのかな?という予想ははずれましたね。

ストーリーは淡々と進み、淡々と終わったという印象です。

しかし所々、考えさせられる要素があり、生き方について何か問われているような気分になりました。

戦場で死を間近に覚悟した時に、万一生きて祖国に帰れたら、
自分のためでなく、他者のために生きようと思った登場人物・・・。

それに象徴されるように、このお話のキーは“人を幸福にする力”だったような気がします。

慈愛の精神があれば、人は自分も他者も幸福にできるし、その人生に価値があると思えるのでしょう。



印象に残った文章


人間が抱く嫉妬の中で最も暗くて陰湿なのは、対象となる人間の正しさや立派さに対してなの

私が畑仕事で知ったことは、どんなものでも手間暇をかけていないものはたちまちメッキが剥げるってこと

自分のことを考えての苦労やから、苦労と感じるんやないのか?

心を動かすのは心なのだな





骸骨ビルの庭(上)骸骨ビルの庭(上)
(2009/06/23)
宮本 輝

商品詳細を見る
骸骨ビルの庭(下)骸骨ビルの庭(下)
(2009/06/23)
宮本 輝

商品詳細を見る




こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 01 : 03 | ★★★宮本輝★★★ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<神田川デイズ / 豊島ミホ | ホーム | 向日葵の咲かない夏 / 道尾 秀介>>
コメント
--Всё о - стоп демодекс шампунь отзывы--

<a href=http://www.topapteka.pp.ua/post-id484.html>камфорное масло показания к применению</a> - Каноксицел извлекают из упаковки с соблюдением правил асептики (соблюдения стерильности) и накладывают на кровоточащую поверхность, прижимая к ране. Применяют однократно, не следует использовать более одной салфетки. Будучи оставленным в ране, каноксицел рассасывается в тканях организма в течение 1 мес., оказывая пролонгированное (длительное) антибактериальное действие (в крови - 2-3 дня, в ближайших тканях - 10-14 дней). <a href="http://www.topapteka.pp.ua/post-id423.html">фурацилин раствор инструкция по применению</a>
phone 344453454545
by: Terakvazy * 2015/09/22 02:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1177-dc6fe1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。