骸の爪 / 道尾 秀介
2009 / 12 / 24 ( Thu )

文字が密じゃないので・・・。
本来だったらあっという間に読める本なのに・・・。

ものすごーく時間がかかってしまいました。

・・・ということで一気に読まなかった分、感動も薄かったかなー。
退屈な内容ではなかったので自分のせいなんですけれどね


「背の眼」を読んだ時と同様、
京極夏彦さんの影響があまりにもはっきり見えて集中しにくい要素はありましたけれど。

仏像が笑ったり、蠢いたり、血を流したり・・・。
ホラーっぽい部分があるのですが、「背の眼」の方がゾッとする怖さがあった気がしますね。

でも、緻密にお話を作り上げている点には感心させられました。
後味はよくないストーリーでしたが・・・。

ただ、道尾秀介さんの今まで読んだ本に思ったのは、最後の締め方がうまいな~、ということ。
今回も最後の最後の締め方に余韻がありましたね。

そういえば最後のシーンはクリスマス。
タイムリーだな、と一人感心していた私です


骸の爪骸の爪
(2006/03)
道尾 秀介

商品詳細を見る


こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 11 : 30 | ★★★道尾秀介★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<誘魔 (R/EVOLUTION 8th Mission) / 五條 瑛 | ホーム | 彼女について / よしもと ばなな>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1174-fb5df6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |