宵山万華鏡 / 森見 登美彦
2009 / 10 / 23 ( Fri )
9784087713039.jpg






●内容● (「BOOK」データベースより)

祇園祭宵山の京都。熱気あふれる祭りの夜には、現実と妖しの世界が入り乱れ、気をつけないと「大切な人」を失ってしまうー。幼い姉妹、ヘタレ大学生達、怪しげな骨董屋、失踪事件に巻き込まれた過去をもつ叔父と姪。様々な事情と思惑を抱え、人々は宵山へと迷い込んでいくが…!?くるくるとまわり続けるこの夜を抜け出すことは、できるのか。

・祭りの雑踏で、幼い妹が姿を消した。妹は神隠しに遭ったのか、それとも…?「宵山姉妹」「宵山万華鏡」
・乙川は≪超金魚≫を育てた男。大学最後の夏、彼と宵山に出かけた俺は、宵山法度違反で屈強な男たちに囚われてしまう。襲いくる異形の者たち。彼らの崇める≪宵山様≫とは一体…?「宵山金魚」
・期間限定でサークル≪祇園祭司令部≫を結成したヘタレ学生たち。彼らは、学生生活最後の大舞台を祭の最中に演じようとしていた。「宵山劇場」
・宵山の日にだけ、叔父さんは姿を消した娘に会える…。「宵山回廊」
・目が覚めると、また同じ宵山の朝。男は、この恐ろしい繰り返しから抜け出すことができるのか…?「宵山迷宮」


●著者● (「BOOK」データベースより)

森見登美彦(モリミトミヒコ)
1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院修士課程修了。2003年『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。2007年『夜は短し歩けよ乙女』で第20回山本周五郎賞受賞、同年本屋大賞第2位(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2009年07月
著者/編集: 森見登美彦
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 240p





●感想●

宵山の日。
真っ赤な浴衣を着た、金魚のような女の子たち・・・。

読んでいるうちに、この本に収められた短編は、それぞれがリンクしていることに気付きます。
登場人物が重なり、出来事が重なり・・・。
そして、自分も宵山の夜を繰り返しているような気分になるのですね
とりとめなく、要素はいっしょなのに微妙な変化を繰り返して・・・。
それこそ、万華鏡のよう

うん、さくさくっと、非日常を味わったという感じですね。
私としては、乙川という“ヘンな男”が出てくる「宵山金魚」というお話が気に入ったかな。
こういうヘンな人に、頭の天窓を開いてもらいたいな~、と





宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

16 : 18 : 04 | ★★★森見登美彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<スピガでパスタ☆ | ホーム | またこれが…>>
コメント
--こんにちは。はじめまして--

はじめまして、YO-SHIといいます。読書ブログやっています。

この本を私も読んだところなんです。
私は森見さんの作品が好きで、何冊か読んでいるのですが、この本は特に楽しめました。

ハチャメチャな出来事とちょっと怖いファンタジーのが、うまい具合に混じり合って、独特の雰囲気を出していました。
お祭りの日の浴衣の子どもには気を付けないといけませんね。
by: YO-SHI * 2009/10/24 11:19 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます。--


YO-SHIさん、はじめまして。
ささやかに続けているブログなので、思いがけずコメントがあるととても嬉しいです。
読書ブログ、覗かせてもらいました。
ホントに、“おとなの読書感想文”ですね~!
私は森見さんの作品、初めて読みました。
他のも読んでみたいと思います。
うんうん、お祭りの日の浴衣の子どもには、要注意ですね~v-355


by: truerose * 2009/10/25 22:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1126-019680e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |