スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シリウスの道 / 藤原 伊織
2009 / 09 / 10 ( Thu )

読み応えがありました。
リアリティがある会話の描写が、お話に厚みを持たせていますね。
登場人物の表情が見える感じ。
特に人と人が絡み合うシーン・過去の回想シーンは引き込まれました。

『テロリストのパラソル』 とつながる部分もありますが・・・。
こういうときに致命的なのが、自分の記憶力のなさ
ものすごく気に入った本なのに、細かいところを忘れてる
そんな情けない気持ちも味わいつつ・・・困り顔

とにかく主人公や、その周りを取り囲む人々の生き様がかっこいいのがよかったです。
譲れない美学を持っている人間のかっこよさ、ですね。
パーフェクトなハッピーエンドではないのだけれど・・・。
彼らの美学は守られた、という微妙なラストでした。
うーん、複雑な余韻・・・渋かったです~


シリウスの道シリウスの道
(2005/06/10)
藤原 伊織

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 05 : 13 | ★★★藤原伊織★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さよなら渓谷 / 吉田 修一 | ホーム | 祝福されない王国 / 嶽本 野ばら>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rosetruerose.blog102.fc2.com/tb.php/1060-c9d4d963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。