スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
コンビニ人間 / 村田 沙耶香
2017 / 05 / 09 ( Tue )
コンビニ人間








●内容● (「BOOK」データベースより)

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。


●著者● (「BOOK」データベースより)

村田沙耶香(ムラタサヤカ)
1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」が第46回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。09年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞。13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2016年07月27日頃
著者/編集: 村田沙耶香
出版社: 文藝春秋
サイズ: 単行本
ページ数: 151p





●感想●

ムナクソでした
何がって、主人公の性格が
最初は主人公が発達障害系なのかな?という感じで少し共感するところもあったのですが・・・
周囲の人の猿真似をして環境に馴染むようにしたりと、謀が上手で計算高いところがどうにも嫌でしたね~
成長した主人公は、私から見ると観察力があって状況が読めて、記憶もしっかりしていて頭を使っています。
経験から学んだとしても、幼いころとは違って状況判断しながら生活しているわけです。
そして人を分析したり、身近な人のいろいろをパクるのを正当化していたりします。
そうやって器用にできている割に、都合が良いときは発達障害系になるというところがキャラ崩壊に思えましたね。
独特の感覚を持っていて、ある程度学習しながら周囲に馴染むように努力して生きている人はもっと苦悩していますよ!
逆に主人公のようにお気楽なら、独自の生き方をしていても疑問に思わないでしょうね。
ホント矛盾を感じます。
そんな感じで、異質な人の心理描写が中途半端だから、主人公が異質な人というよりもただの嫌な奴になっています。
考え方は人それぞれなので、私のような感想は少数派かもしれませんが・・・
自分の大嫌いな本にぶっちぎりランクインしましたわ
ああ、ムナクソ感を持ったときの大噴火やっちまいました~
このストレス、はやく解消して浄化しなければ






       

      
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
       
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
  
ブログランキングです。よかったらクリックお願いします
                 
  111.gif

 
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 35 : 52 | ★★★村田沙耶香★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。