鹿の王 上・下 /  上橋 菜穂子
2016 / 01 / 18 ( Mon )
鹿の王







●内容●鹿の王 上 生残った者 (「BOOK」データベースより)

強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるがー!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまるー。


●基本情報●鹿の王 上  生き残った者

発売日: 2014年09月24日頃
著者/編集: 上橋菜穂子
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本 565P



●内容●鹿の王 下 還って行く者 (「BOOK」データベースより)
不思議な犬たちと出会ってから、その身に異変が起きていたヴァン。何者かに攫われたユナを追うヴァンは、謎の病の背後にいた思いがけない存在と向き合うことになる。同じ頃、移住民だけが罹ると噂される病が広がる王幡領では、医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが、愛する人々を守るため、この地に生きる人々を救うために選んだ道はー!?


●基本情報●鹿の王 下 還って行く者

発売日: 2014年09月24日頃
著者/編集: 上橋菜穂子
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本 554P



●著者● (「BOOK」データベースより)

上橋菜穂子(ウエハシナホコ)
作家・川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』で作家デビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞作家賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





●感想● 


今読み終わりました~
今日は仕事も無く、外は雪なのでおこもり状態が心地よい日。
こういう時は私にとって読書日和。
一気読みの条件が揃っていたにも拘らず、長編の最後に読み終わるのが惜しくなる私のビョーキが出まして・・・
ゆっくり味わうように読んだ感じです。



感想は単純
希望のあるラストがよかった!!
暗い予想が当たらなくてよかった!!
泣いた後にほっとできてよかった!!

・・・というわけで、大好物の長編のハッピーエンドでした~




主人公のヴァンは剽悍な一匹狼タイプだけど、視野が広く内に優しさを持つ男。
もう一人の主人公ホッサルは理知的なタイプだからこそ、若さゆえの青さが時に可愛い天才医術師。
二人の対象的な主人公を中心にして、多くの個性的な人物が交錯する込み入ったストーリーが退屈ゼロでした。

そしてユナちゃん!
その可愛らしさは物語のオアシスでした。
最初は若干鼻についた赤ちゃん言葉も、最終的にはクセになっていたほどで・・・
まんまとやられましたわー。



私の場合、小説を読んでいると勝手に視覚的イメージが定着してしまうことが多いのですが・・・
ヴァンは頭の中で「メタルギアソリッド」のスネークになっちゃってました~
スネークの顔が頭から離れない~



最後の作者あとがきで、「私はどうも、三つぐらい、心に響くものが浮かぶと、物語を書くことができるようです」とありました。
今回は「人は、自分の身体の内側で何が起きているのかを知ることができない」ということ、「人(あるいは生物)の身体は、細菌やらウィルスやらが、日々共生したり葛藤したりしている場でもある」ということ、そして「それって、社会にも似ているなぁ」ということが重なって物語が生まれたということでしたが・・・

三つばかしのテーマからこのような壮大な物語を生み出してしまうとは!
なんとも羨ましい才能だー、と思いました




●「オタワル人は、この世に勝ち負けはないと思っているのよ。食われるのであれば、巧く食われればよい。食われたものが、食った者の身体となるのだから」

●「他者を生かすことで、自分も生きる、他者を幸せにすることで、自分も幸せになる」

●父が言っていた。人というのは哀しいもので、なにをやっても、どこかに悔いが残るもんだと






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 



スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

15 : 48 : 03 | ★★★上橋菜穂子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハチミツ / 橋本 紡
2016 / 01 / 09 ( Sat )
ハチミツ







●内容● (「BOOK」データベースより)

しっかり者の澪、おっとりした環、天然な杏は歳の離れた三姉妹。いつも美味しいものを食べながら仲良く暮らしている…はずでした。なのに次女、環の妊娠をきっかけに、それぞれの人生に転機が訪れてー。恋、仕事、からだのこと…女子は生きてるだけで悩みがいっぱい!曲がり角だらけの人生を暖かく包み込むガールズ長編小説。


●著者● (「BOOK」データベースより)

橋本紡(ハシモトツムグ)
三重県生まれ。1997(平成9)年、第四回電撃ゲーム小説大賞金賞を受賞、デビュー。「リバーズ・エンド」「半分の月がのぼる空」などの人気シリーズを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)  


●基本情報●

発売日: 2012年06月
著者/編集: 橋本紡
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 269p




●感想●


母親が違う三姉妹の物語。

女子の幸せの在り方が描かれていました。

へこむ出来事があっても、見守ってくれて話を聞いてくれて励ましてくれる人がいたら・・・

女子は不幸にはならないのですねー。

私はその辺の感覚が欠けているので違うのですが・・・

助け合って共有し合って持ちつ持たれつやっていけるのは羨ましいな~、と思います。


もうひとつ、このお話では三女の作るごはんが家族の絆の重要なピースになっています。

人間、美味しいものがあればとりあえず幸せでいられるのかもしれません。

そういう意味で、美味しいものを作れる人は強いです。

そこも私には欠けているところかも

美味しいものを作る手間を面倒に思わない、というのは一つの才能ではないでしょうか。






         111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

08 : 22 : 08 | ★★★橋本紡★★★ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |