昨日の海は /  近藤 史恵
2015 / 09 / 26 ( Sat )
昨日の海は






●内容● (出版社より)

カメラマンだった祖父とそのモデルだった祖母。二人の死に秘密があることを聞かされた光介は……。海辺の町を舞台とした青春ミステリー。


●内容● (「BOOK」データベースより)


いつも通りの夏のはずだった。その事件のことを知るまでは…25年前の祖父母の心中事件に隠された秘密とは。残された写真、歪んだ記憶、小さな嘘…。海辺の町を舞台とした切なくてさわやかな青春ミステリー。


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

近藤史恵(コンドウフミエ)
1969年、大阪生まれ。1993年に『凍える島』で第四回鮎川哲也賞を受賞し、作家としてデビュー。2008年には『サクリファイス』で第十回大藪春彦賞を受賞、また本屋大賞2位にも選ばれた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年07月17日頃
著者/編集: 近藤史恵
出版社: PHP研究所
サイズ: 単行本
ページ数: 285p





●感想●


連休に読みました。

このお話の主人公はごく普通の高校生の男の子。

今どきにしては分別のある、とってもいい子。

そんな彼が知った、日常に埋もれていた秘密。

血がつながっているからといって人の内面がわかるわけではない・・・。

自らの行動によって真相に迫った彼ですが、
それによって有無を言わさず大人への扉を開くことになったということですね。

知ってしまったからには・・・もう以前に住んでいた無邪気な世界に戻れないのです。

大人になるということは切なくもありますね。




●「早く大人になるのは悲しいわ。大人にならなきゃいけないと思うから、大人になるの。子供のままでは対処できないことがあるから、大人になるの」


●騒ぎ立てて、なにもかも明らかにするばかりが正しいやり方ではない。
  口をつぐんで、知らなかったふりをすることだってできる。
  正しいということが、なんの力も持たないときだってあるのだ。


●秘密や痛みを抱えていても、目の前の人を気遣い、思いやって生きることはできるのだ、と。
  それはカメラの前で微笑むことに少し似ている。

●大人になるということは、小さくない秘密を抱えることなのかもしれない。





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 07 : 19 | ★★★近藤史恵★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ふたり狂い / 真梨 幸子
2015 / 09 / 24 ( Thu )
ふたり狂い






●内容● (「BOOK」データベースより)

自分のことを書いていると思いつめた男の危険な行動(「エロトマニア」)、マンションの惨劇がフラッシュバックして襲いかかる女の苦脳(「デジャヴュ」)、何者かが人の記憶操作をしていると勘繰った女の疑念(「ゴールデンアップル」)-正常な日常が歪んだ世界へ徐々にずれてゆき、狂気が複雑に絡み合う。人が壊れゆくその瞬間をじわりとあぶり出し、どろりとえぐり出す、渾身の連作短篇。


●目次● (「BOOK」データベースより)

エロトマニア/クレーマー/カリギュラ/デジャヴュ/ゴールデンアップル/ホットリーディング/ギャングストーキング/フォリ・ア・ドゥ


●著者● (「BOOK」データベースより)

真梨幸子(マリユキコ)
1964年宮崎県生まれ。2005年『孤虫症』(講談社刊)で第32回メフィスト賞を受賞し、作家デビュー。以後、精力的に作品を発表し、人間心理の奥を深く掘り下げる作風で人気を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2009年03月25日
著者/編集: 真梨幸子
出版社: 早川書房
サイズ: 単行本
ページ数: 335p





●感想●


たまに娘に本を選んでもらうという遊びをしている私ですが・・・

今回差し出されたのはこの本でした。

読み始めたら、短編の連作で、なかなか入り込めず

短編にありがちな浅さに欲求不満を感じ、

読み終わるまで、ものすごい時間がかかってしまいました。

(少ない言葉や簡単な表現で深みのある内容を言い表すのが本当のすごさだと思っていますが、
 それが一番難しい。
 詩や俳句、短編で心を動かすことは超上級テクニックですよね。
 それだけに、なかなかいいと思えるものに出会えないというのが私の本音です。)
 
文字数が多くても、おもしろい本はどんどん読めるのに、今回は読書修行でした

全然入り込めず、“狂った世界”にも魅力を感じられず、うん、やっぱり修行だった~(しつこいよっ)

皆が皆、ハッピーじゃないところも好きじゃない感じだったな。(だからしつこいって)

それならそれで、悲哀が感じられたら心が動かされたのかもしれないけれど、
ホントただ狂ってる人の目撃者になっただけという印象・・・。(まだ文句言ってる)

どの人物にも共感できなかったというのが敗因ですねー。(恨み節タラタラ)



このように・・・

リアリティに乏しいお話は危険なんですよ~、何がって、ストレスがたまりすぎて自分が吐いた毒にやられてしまうんですわ~






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

13 : 00 : 50 | ★★★真梨幸子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スマートサイジング 価値あるものを探す人生  / タミー・ストローベル
2015 / 09 / 12 ( Sat )
9784905447191.jpg




●内容● (「BOOK」データベースより)

もう、お金のために生きるのはやめました。全米で静かな感動を呼んでいるタミーとローガンが手にしたちいさな暮らしと豊かな日々。


●目次● (「BOOK」データベースより)

プロローグ 「ふつう」を見直そう/1 モノと幸せの矛盾した関係(モノを買っても幸せにはなれない/「人がモノを」ではなく「モノが人を」支配している)/2 シンプルライフで幸せになる(モノとの付き合い方を変える/借金の底力/売れるモノは売り、残りは寄付する/小さな家の喜び/仕事を見つめ直す)/3 幸せを買う(時間こそ本当の豊かさ/お金VS経験/大切なのはモノではなく「人とのつながり」/コミュニティとつながる秘訣/小さな喜びが持つ力)/エピローグ 愛すべきはモノではなく「生活」


●著者● (「BOOK」データベースより)

ストローベル,タミー(Strobel,Tammy)
ライター。2007年終わりからブログを開設し、自身のシンプルライフや体験談を公開している。その取り組みは、これまで『ニューヨーク・タイムズ』『USAトゥデイ』などの新聞、『トゥデイ』やCNN、MSNBCなどのテレビ番組をはじめ、さまざまなメディアで特集されている


●基本情報●

発売日: 2013年09月
著者/編集: タミー・ストローベル, 増田沙奈
出版社: 駒草出版
サイズ: 単行本
ページ数: 295p




●感想●


モノより経験、モノより人

自分の価値を実際より大きく人に見せつけるためにモノを集めるのはもう辞め~!

・・・ということで、紆余曲折を経てシンプルライフに行きついた著者の体験談とアドバイスです。

「自分たちの人生は世間一般が正しいとするレールにちゃんと乗っているか」ということを気にするのをやめた時、
自分の価値観で自分の幸福を追求することができるようになった、ということでした。

たしかに・・・


価値観がブレブレの人ほど、たくさんモノを持っていて、流行を追いかけたり、
むやみやたらとブランド物に頼ったりしているイメージです。

他人のスケールで判断するのが常になっているので、知らず我を置き去りに消費地獄で踊らされている感じ。

それではいつまでたっても真の満足感は得られない、というのは実は皆が薄々気付き始めたことではないでしょうか。


真の満足感は、他人を幸せにすることや感謝することの中に存在する、というのはもはや定説ですが・・・

行動からのアプローチで、理想の内面に近付く一例を見せてもらい、よい刺激を受けました。




実は私、この本で初めてタイニーハウスの概念を知りました。

画像検索してみたらおもしろい

その生活をあれこれ想像して楽しくなってしまいました~

それと、運動は大事なんだな、と改めて思いました。

家では一歩も動かず本を読んでいたいタイプ(ダメ人間の典型)ですが、実は体を動かすのは得意なのです。

でもここのところさっぱりなので、反省だけしました(改善はいつになるか?)




★人生を変えたいを思うなら、今はじめなさい。そして、派手にやりなさい。ほかに道はない。
                                         ━━━ウィリアム・ジェームズ(アメリカの哲学者)

★永遠に生きることは出来ないんだよ。だから毎日感謝の気持ちを持ちなさい。





      111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 40 : 00 | ★★★読書感想・実用本他★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もたない男 / 中崎 タツヤ  (ふりかえり読書録)
2015 / 09 / 05 ( Sat )
9784864100496.jpg






●内容● (「BOOK」データベースより)

人気漫画『じみへん』の作者はなぜ、なんでも捨ててしまうのか?捨てずにはいられない、超『断捨離』の世界。
 

●目次● (「BOOK」データベースより)

第1章 なぜもたないのか?(もたない漫画家/もたないと仕事に集中できる ほか)/第2章 なぜ捨てるのか?(なぜ捨てたいのか?/スッキリ病 ほか)/第3章 もたない生活(ファッション/服は消耗品 ほか)/第4章 もたない人生(漫画の描き方/アシダカクモ ほか)/第5章 捨てられないもの(原稿を燃やす/シュレッダー ほか)


●著者情報● (「BOOK」データベースより)

中崎タツヤ(ナカザキタツヤ)
1955年生まれ。漫画家。92年『問題サラリーMAN』で文藝春秋漫画賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2010年12月
著者/編集: 中崎タツヤ
出版社: 飛鳥新社
サイズ: 単行本
ページ数: 189p



●感想●

前に、著者のお部屋の画像をネットで見たことがありました。

たまに、モノを持たない生活をしている人の画像を探して見たりするので・・・

何のためにそういうものを見るかというと、自分のモチベーションアップのためです。

ついついモノを増やして片づけ・お掃除下手になっている自分へ、理想を思い出させるためです



しかし中崎タツヤさん

その何でも手放す度はすごいですね!

そこまではムリだわ、と思いながらも一貫した姿勢に清々しいものを感じてしまいました。

執着ゼロ、は煩悩ゼロ?

それはまさに悟りの境地なのでしょうか?

彼の見ている世界をそのままの形でのぞいてみたい、と思った私です~


 


✿この感想は2014年7月にメモしておいたものです✿





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

12 : 48 : 56 | ★★★中崎タツヤ★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |