スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
笹の舟で海をわたる / 角田 光代
2015 / 04 / 21 ( Tue )
9784620108070.jpg



●内容情報● (「BOOK」データベースより)

あの日、思い描いた未来を生きていますか?豊かさに向かう時代、辛い過去を葬ったまま、少女たちは幸福になったのだろうかー。激動の戦後を生き抜いたすべての日本人に贈る感動大作!



●著者情報● (「BOOK」データベースより)

角田光代(カクタミツヨ)
1967年、神奈川県生まれ。90年「幸福の遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、13年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



●基本情報●

発売日: 2014年09月
著者/編集: 角田光代
出版社: 毎日新聞出版
サイズ: 単行本
ページ数: 407p



●感想●

後半は涙ボトボト(泣きすぎて頭痛です)
人の一生とは何なのだろう・・・読み終わった時にそんなふうに思いました。
渦中は、特に苦しい時は長い長い時間に思えたことも、
先が短くなった時に振りかえればまるで一瞬のことに思えるのでしょうね。
自分なんかも、通り過ぎた過去は夢のように、あっという間に過ぎたように思いますから・・・


幼少期に疎開を経験した主人公の左織が、偶然に出会った風美子。
疎開先で一緒だったと言う彼女の存在は、思いがけず左織の人生に影響を与えることに・・・。
左織の夫・温彦の弟の潤司と結婚し義理ではあるけれども妹となった風美子の行動は計画的なものなのか。
人生を思い通りに切り開き、どんな場所でも居場所が確保されている、華やかな存在の風美子に左織が感じるのは
嫉妬、羨望、敗北感、疑念・・・。
自分と折り合いの良くない長女がなつくのも、何を考えているかわからない物静かな夫が笑顔を見せるのも風美子。
出会いからずっと、苦しい時には必ず助けてくれた相手に素直に感謝できない罪悪感や劣等感が伝わってきて、
左織と共に複雑な思いを味わいながら読み進みました。

戦争から昭和の激動、天皇の崩御から平成へ・・・
時代背景が上手に織り込まれていることもあり、一人の女性とその周囲の人生を追ったストーリーであると同時に
日本という国の足跡という点も意識させられる展開。
私は後半のニューヨーク旅行のシーンで、左織の思いにハッとさせられました。
それは「この国と戦って負けたのだ」という思い。
今、こんな風に感じる日本人はどれくらいいるでしょうか?

苦しみしか思い出さないような過去は葬ることを自然に選択した人々・・・。
先人のつらい過去など知ろうともしない若者・・・。
いろいろな形が入り混じっていますが、でも、そこにはそれぞれの人生が在ります。
ひとつひとつ見てみればいろいろあるだろう人生も、大きな流れの中では幸も不幸も見えず・・・
在ったものが、やがて無になるという真理から逃れることはできません。
まるで“笹の舟で海を渡る”ような心もとなさです。

しかし誰もが、当然自分の人生の主人公であって、当事者としていろいろなことを味わうのですね。
その個人の視点も親になると境界線が曖昧になって、特に母親は子どもを自分の分身のように感じてしまうものですが・・・
そうではないというところに失望と希望、そしてその絆の強さと弱さの両方を感じさせられました。





●「いつから悲しいという感情は芽生えるのかしら」そんな風にきいてみる。
「そりゃあ、生まれたときからあるだろう」温彦は即座に答え、左織は驚く。人は生まれたときから悲しみを知っているのか。かなしむべきことなど、ひとつも味わっていないのに。

●みんなが離れていくのも、人生が思い通り進まないのも、この人のせいなんかじゃなかった。何か決めるたび、何か選ぶたび、何かしなくてはいけないたび、私はあの、本来の私とは隔たった幼い子どもに押しつけてきたのだ。思考を停止し、何も決めず何も変えず、じっとただ眺めていることを、あの子にさせてきたのだな。今の私の人生を作っているのは、あの貧しくて弱い女の子だ。

●歌のうまい、いじめ尽くされた、薄汚れた顔の小さな女の子が仕返ししたかったのは、班長でもだれでもない。人生だ。自分の人生。意志に反して知らない場所に連れていかれ、人を信じる気持ちも頼る気持ちも奪われて、戻る居場所も家族も奪われて、たったひとりで生きなければならなくなった女の子は、自分の人生に復讐すると決めたのだ。ほしいものを手に入れて、いらないものを切り捨てて、雑草でも毒でも食べて栄養にして、平然と奇跡を起こし続ける。思いどおりに、好きなように生きること、それこそが、従うことしかできなかった、あのつらい日々への仕返しなのだ。

●私は幸せかしら? 不幸かしら? ああやっぱり、悪いことをしたら不幸になるのでも、いいことをしたから幸せになるのでもない。そのどちらもが、人生に影響など及ぼさず、ただ在るのだ。ただ在る、でも私たちはそれから逃れられない。






       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  
 

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

19 : 28 : 40 | ★★★角田光代★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
痴人の愛 / 谷崎 潤一郎
2015 / 04 / 19 ( Sun )
9784101005010.jpg




●内容情報● (「BOOK」データベースより) 

生真面目なサラリーマンの河合譲治は、カフェで見初めた美少女ナオミを自分好みの女性に育て上げ妻にする。成熟するにつれて妖艶さを増すナオミの回りにはいつしか男友達が群がり、やがて譲治も魅惑的なナオミの肉体に翻弄され、身を滅ぼしていく。大正末期の性的に解放された風潮を背景に描く傑作。

 

●基本情報●

発売日: 2003年06月
著者/編集: 谷崎潤一郎
出版社: 新潮社
サイズ: 文庫
ページ数: 449p
注記: 128刷(初版1947年)




●感想●

同時に読んだ「賢者の愛」の記録にそれと比較した感想を書きました。
しかしこれは読んでいてストレスがたまるお話でしたね~
自分が感情移入していたのがナオミではなく、河合譲治だったからなのでしょうが・・・
ナオミの小賢しさ、譲治の間抜けさに悶々としました

でも、ある意味・・・
そこまで自分を犠牲にし、プライドや親子の思い出や、社会的立場を傷つけてもいいと思えるほどの感情を持てるということは幸福なことなのでしょうか?
何をよしとするかは人それぞれですからね。
周りにどう見えようが、究極の無償の愛こそが至上の幸福だという世界を私が知らないだけかもしれないな・・・
そんな風にも感じました。






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

09 : 31 : 07 | ★★★谷崎潤一郎★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
賢者の愛 / 山田 詠美
2015 / 04 / 19 ( Sun )
9784120046865.jpg



●内容情報● (「BOOK」データベースより) 

初恋の人を奪った親友の息子に、『痴人の愛』から「直巳」と名付けた真由子。22歳年下の直巳を手塩に掛けて“調教”しー。憧れ、嫉妬、そして復讐。谷崎潤一郎賞作家がおくる、絢爛豪華な愛憎劇がここに!
 


●著者情報●(「BOOK」データベースより) 

山田詠美(ヤマダエイミ)
1959年東京都生まれ。85年「ベッドタイムアイズ」で文藝賞を受賞、作家デビュー。87年『ソウル・ミュージックラバーズ・オンリー』で直木賞、91年『トラッシュ』で女流文学賞、2001年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2015年01月
著者/編集: 山田詠美
出版社: 中央公論新社
サイズ: 単行本
ページ数: 269p



●感想●


賢者の愛=自己・他者コントロールをし、計画的に理想を実現し、主導権を持ち続ける愛?

痴人の愛=相手にコントロールされ、相手の理想を実現するのに利用され、相手に主導権がある愛?


どちらにしても・・・
犠牲が大きな愛の形でした。

「賢者の愛」と「痴人の愛」を同時に読んだのですが・・・
どちらもストレスフルでしたねー。

一見冷静な賢者モードでも心のうちはドロドロの女性、性欲の前には痴人モード…でも心は案外ピュアな男性・・・
そんな一般的な性差の対比という捉え方もできるのかな?

この「賢者の愛」では女性特有の心理戦や感情優先の主観目線が怖かった
私は経験を通して知っていますが・・・
狙い澄ました人物の美点や幸福を奪うのが大好物のユリみたいな人っているのです
決して小説の中だけにいる作られたキャラではない・・・
そしてこのお話の通りに、そういうタイプは悪意が向けられたことなどない無垢な存在を狙うのですねー
結果生じた女性同士の憎しみは恐ろしい
無垢だったはずの魂は怒りに燃え上がり悲しみにひたることになるのですが、
その純粋さを奪うことこそが“ちょうだいオバケ”の真の狙いなのでしょうね。
さすが女性作家! その辺りの描写はリアルでした。

そしてそれに比べたら、男性はシンプル。
欲に素直で、計算高くなく、恋敵との関係も屈折なし。
一概には言えませんが、やはり賢者=女性、痴人=男性という図が当てはまる気がします。
・・・といっても賢者がよくて痴人が悪いわけではなく、この場合どちらに転んでも同じ。
どちらにしても天国のような地獄、そして地獄のような天国を味わうことになるのだろうな、という気がします。

読み終わってみて・・・
「賢者の愛」は女性作家が、「痴人の愛」は男性作家が書いたということに非常に納得した自分です。




       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  




テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

09 : 25 : 20 | ★★★山田詠美★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ターミナル・デイ / 小杉 英了
2015 / 04 / 14 ( Tue )
9784041105801.jpg





●内容情報●(「BOOK」データベースより)

終末の日を迎えるとき、私たちは何を思うー。日本ホラー小説大賞作家が、迫り来る階層社会を大胆かつ丹念に描いた、緊迫の近未来サスペンス!


●著者情報●(「BOOK」データベースより)

小杉英了(コスギエイリョウ)
1956年、北海道生まれ。関西学院大学文学部卒業。公務員、広告文案業、翻訳業などを経て、現在は自営校正業。第19回日本ホラー小説大賞で大賞を受賞し、2012年『先導者』で小説家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2013年10月29日頃
著者/編集: 小杉英了
出版社: KADOKAWA
サイズ: 単行本
ページ数: 333p



●感想●

現実に起こったとしてもおかしくない近未来の設定

総中流と言われたそれから貧富の差がある社会に移行している今の日本・・・。
その先にあるのがこのお話のような世界であっても不思議はありません。

高校生の主人公が、まっとうな感覚を持った大人な子なので、彼女に感情移入して読みました。
あ、でも彼女のお母さんが威圧的な毒親の典型的なタイプで、そこは自分の親を思い出したり、自分の行動を振り返ったり・・・。
嫌なヤツと感じると同時に複雑な気持ちを味わったりもしました。
子どもから見たら自分もこんな風に見えてたりするもの?と思ったりして

このお話、途中まではその設定の面白さ、どうお話をまとめるかへの興味でとても面白かったです
でも、正直終盤はやっつけ気味かな、と感じました。
聖とユズルの扱いとか、もうちょっとどうにかならなかったのかな~とか、
いろいろな人物がご都合主義に動かされている気がする~とか・・・。

でも、全体を通してはやはり面白かったと思います。
新鮮だったというか・・・。
「先導者」がとても好きな感じだったのと、今回も嫌ではなかったので、もっと他の作品も読んでみたいな~、と思いました。
ぜひ今後も本を出してほしいです





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

  

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 02 : 09 | ★★★小杉英了★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アールダーの方舟 / 周木 律
2015 / 04 / 10 ( Fri )
9784103369912.jpg





●内容情報●(「BOOK」データベースより)

「痛みの山」と呼ばれるアララト山で、ノアの方舟調査隊に降りかかる不可解な連続死ー。宗教学・科学・建築学の叡智を駆使し、壮大なスケールで人類の謎に挑む歴史ミステリ!!完璧なる記憶力と瞬時の計算力を持ち、語学堪能にして端正なマスク。「神は妄想でしかない」と断言し、「人間とは何なのか」をストイックに追究する男が、アララト山頂で到達した人類の真実とはー。



●著者情報●(「BOOK」データベースより)

周木律(シュウキリツ)
某国立大学建築学科卒業。2013年、『眼球堂の殺人~The Book~』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



●基本情報●

発売日: 2014年12月18日頃
著者/編集: 周木律
出版社: 新潮社
サイズ: 単行本
ページ数: 380p




●感想●

一気読みでした。
一度記憶したことを決して忘れることができないという、神のような男・一石豊の魅力に引きつけられ読み進みました。
宗教について深いポリシーが無く、、寛容で干渉もない一般的日本人として描かれている森園アリスに自分を重ねながら。
アリスが一石に受けるレクチャーを同時に自分も受けながら。

正直、歴史・宗教学・建築学・・・、どれも知識があるとは言えない私なので、単純に知らないことを知るのが楽しかったです。
ある意味盲目に陥りそうな状態ですが、そういう時ほど知ることが面白く感じるものですね。
無神論者の一石が無神論者である理由に共感できるからなおさら、彼の言葉に魅力を感じるのかな、と思いました。

ミステリーとしても展開が読めない面白さがあったと思います。
内心怪しいと思っていた人物がドンピシャだったのですが、その背景までは読めませんでしたし。
難解な部分も多かったのですが、とにかく一石の言葉でうまく説明してくれていたのだと思います。




●宗教界は極めて狡猾だ。もし君が少しでも心の隙間を見せようものなら、その瞬間に『神の存在証明』を次々を押し込んでくるだろう

●往々にして、争いの多くは異なるものへの反発よりも、同じもの、似たものへの嫌悪からうまれるものだ

●日本人にとって、おそらく神とは利益と同値の概念でしかない。━━つまりあくまでも彼は、私たちに一方的に利益をくれる「ありがたい」存在でしかないのだ、そう、だから私たいは無節操に神に接してしまうのだ。

●ユダヤ人にとって学ぶことは生きることそのものである。→「キリスト教もイスラム教も、憎しみからは学ばなかった。だからそれはしばしば連鎖して、終いには暴走した。私はそれが正しいことだとは思えない。人間は常に思考する必要がある。決して怖じることなくよく考えて、肯否をきちんと判断しなければならないのだと思う」

●思い出とは単なる事象の記録にしか過ぎない。異なるのはそこに善悪判断を下す人間だ。その当の人間が刻一刻と変わっているだけで、規則自体は、それ以上にもそれ以下にもなりはしないんだ。

●「偶然」とは世の中の出来事すべて説明できてしまう魔法の言葉であって、それこそ神の存在を実証する「奇跡」と同類ものもとなる。

●「紗来、僕は無神論者だ。どうしてかわかるか?」
 「それは、神とはいつも『都合のよい存在』にしかならないものだからだ」
 「それは極めて不合理で、非科学的で、つまり無根拠な存在であるにもかかわらず、すべての正当性の根拠に引用される。紗来。僕は、根拠と呼ばれるものには常に、汗や、涙や、果てしない努力や、流される血や、時には身体の一部や命が代償として必要なものだと考えている。つまり、広義の『痛み』が伴うものだ、そう信じている。にもかかわらず神は、その痛みが無いまま、人々に根拠を与える存在となる、これが人類に対してどれだけ不誠実な結果を与えているか、想像ができるか?だから僕は神を信じない、信じることなど、もう微塵もできはしない」





        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

18 : 26 : 39 | ★★★周木律★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。