スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ボックス! / 百田 尚樹
2010 / 04 / 14 ( Wed )
125.jpg

最近読んだ本の中で一番心が震えたのが百田尚樹さんの『永遠の0』

なので百田尚樹さんの他の本も読んでみようと思い・・・。

この『ボックス!』を選びました。

ちょうど映画化ということで今ホットですしね

で、感想ですが・・・。

いや~、もう冒頭から惹きこまれましたね~!

日頃ボクシングには興味のない私ですが、それでも面白く読めました。

戦いのシーンでものめり込めたのが自分でも不思議です。

で、このお話の魅力は何かというと・・・やはり登場人物のそれじゃないでしょうか。

努力家と天才型、全く違うタイプの幼なじみ同士が、ボクシングという過酷なスポーツを通して
成長していく・・・。

(毎度のことですが、私が言葉にすると途端に軽くなりますね~。)

ひさびさに熱い青春を感じましたっ

ちなみに私が感情移入したのは努力型で文武両道をストイックに目指す木樽。

終盤、本当に強い男になったんだな、と思わせられた電車のシーンでは胸がすく思いでした。

あと、途中涙がこらえられないシーンがありましたね。

正直、うわ!やられたな!と思いましたけれど

そしてエピローグ・・・。

それまでの熱さとは対照的に明らかになる十年後のその後。

ああ、人生とはこういうものなのかもしれないな、と思いました。

気がついたら今は過去になり、それを懐かしむ自分がいる、という感じがね。

なんだか夢のあとのようで、ちょっと切ない気持ちになりました



★★★ボックス!=ボクシングしろ!
ボックスにはボクシングするという動詞の意味があるそうで・・・。
はじめて知りました★★★

ボックス!ボックス!
(2008/06/19)
百田 尚樹

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

22 : 56 : 53 | ★★★百田尚樹★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イルカ / よしもと ばなな
2010 / 04 / 04 ( Sun )



これを読んだ時は、人の嫌な部分を見てしまった時だったので・・・。

うそ臭いほどの主人公の真っ当な感覚に救われました

自分にも人にも無理を強いないタイプというのでしょうか。

押し付けが強くない感じに、自分も肯定されたような気持ちになりました。

所詮人は人、思い通りになるのは自分だけ。

ここだけ抑えておけば、飄々と生きていけますよね。

あとは生死について、ハッとさせられるような文章が所々にありました。

それによって、生物にとって避けることのできない現実を意識させられましたね。

ていねいに“自分”を生きたいな、と改めて思いました


こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑
よかったらクリックお願いしますトゥシューズ

イルカ (文春文庫)イルカ (文春文庫)
(2008/11/07)
よしもと ばなな

商品詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

14 : 25 : 33 | ★★★よしもとばなな★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。