いただきます
2009 / 01 / 31 ( Sat )
20090131205120
旬果搾り 甘夏♪ さっぱり
スポンサーサイト
20 : 51 : 23 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
首無の如き祟るもの  / 三津田 信三
2009 / 01 / 28 ( Wed )
56204071.jpg







●内容● (「BOOK」データベースより)

奥多摩に代々続く秘守家の「婚舎の集い」。二十三歳になった当主の長男・長寿郎が、三人の花嫁候補のなかからひとりを選ぶ儀式である。その儀式の最中、候補のひとりが首無し死体で発見された。犯人は現場から消えた長寿郎なのか?しかし逃げた形跡はどこにも見つからない。一族の跡目争いもからんで混乱が続くなか、そこへ第二、第三の犠牲者が、いずれも首無し死体で見つかる。古く伝わる淡首様の祟りなのか、それとも十年前に井戸に打ち棄てられて死んでいた長寿郎の双子の妹の怨念なのかー。


●著者● (「BOOK」データベースより)
三津田信三(ミツダシンゾウ)

2001年に『ホラー作家の棲む家』でデビュー。ホラーでありながらミステリ的な仕掛けにもこだわりをみせた独特のストーリーテリングで注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2007年05月
著者/編集: 三津田信三
出版社: 原書房
サイズ: 単行本
ページ数: 447p





●感想●


むむー・・・
私にとってはリアリティーが無いストーリーだったので・・・。
説明調の文章も退屈だったので・・・。
度々眠くなってしまいました~困り顔

終わってみれば二転三転のストーリーといい、
含みをもたせたラストといい、まさにミステリーという感じの本でしたが・・・

登場人物の描写があっさりしているので、
ミステリーを楽しむぞ~、という視点で読むといいのかもしれませんね。





首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)首無の如き祟るもの (ミステリー・リーグ)
(2007/04)
三津田 信三

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

23 : 52 : 26 | ★★★三津田信三★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
断鎖"Escape" / 五條 瑛
2009 / 01 / 26 ( Mon )

五條瑛さんのR/EVOLUTIONシリーズ に手を付け始めました~

第一弾は「断鎖"Escape"」


――革命を起こさないか、この国に。
この文章から始まるプロローグ・・・ああ、五條ワールドだ
一気に引き込まれました。

いやー、圧倒的カリスマに導かれながら徐々に成長する主人公に感情移入しながら読みましたね。
孤独と翳を背負った登場人物にも心動かされました。

文中にも出てくる表現ですが・・・。
独りでいることは痛いことか~・・・。
私などは自分を殺して群れることを嫌悪し、独りの自由に焦がれる主人公に共感しますが。
(序盤の親に対する一方的な感情はお子チャマですけれどね)
全くの孤独はやはり痛いことなんですよね。
そういう意味で強いということは悲しいことでもあるのかな。
しかし、やはり魂を殺してまでは群れない人間が私は好きなのだ~


今回特に残った文章

――このライオンの目、とても怖いね。ぎらぎらしてるよ。
――そうだね。でも飢えているから、仕方がないんだよ。
――食べられている動物が可哀相だよ。見ている鳥も豹も怖い目だね。
――でもね、亮司。この目は必要な目なんだよ。
   動物はみんな自分より弱いものを食べないと生きていけない。
   だから、いつもこうやって獲物を探しているんだ。
――僕も?
――そうだよ。僕も、君もね。生き続ける限り、誰かを犠牲にしているんだ。


断鎖断鎖"Escape"
(2001/05)
五條 瑛

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 35 : 49 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いただきます♪♪
2009 / 01 / 25 ( Sun )
20090125215838
旬果搾り とちおとめ。
甘くておいしい(o^~^o)
21 : 58 : 41 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いただきます♪
2009 / 01 / 24 ( Sat )
20090124210701
TWO DOGS COCKTAIL アプリコットジンジャーで☆
21 : 07 : 04 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蟲 / 坂東 真砂子
2009 / 01 / 24 ( Sat )

うへーっ
なんとストレスのたまる・・・
悶々としたあとに後味の悪ーいラストが待っていました~困り顔
ほんの骨休めのつもりでホラーでも軽く読むか、と思ったのが間違いだった・・・。
角川ホラー文庫だからホラーなんだろう、と思ったら全然怖くはなかったしね。

・・・なんて文句ばかりでごめんなさい
あまりにストレスがたまったので八つ当たり気分なんです

そういえば読んでいる途中に思い出しましたが・・・。
作者の坂東真砂子さんは“子猫殺し”の人でしたね。
今さらですが私から見ると・・・。
飼い猫の命を絶つ自分本位な言い分と、他の生き物に対して避妊手術を行う傲慢さは
大差のないものに思えます。
・・・っていうか、どんな大義を持ってきても殺しは殺しだからなー。
崖の上から落とすという痛みを伴う方法を選択しているのも大いに疑問です。
動物を含めた生のあり方を突き詰めて考えられる方なら・・・。
そもそも自分の都合のために動物と一緒に暮らすこと自体矛盾なのではないでしょうか。
えらそうにすみません
これはあくまでも私の感覚ですから・・・。

まあ、そういう自分も菜食主義者ではないし、
でも動物を見れば可愛いと思うし・・・。
矛盾を抱えた傲慢な生きものでございます

あ、AcidBlackCherryの「ジグソー」の歌詞みたいですねー

虫 (角川ホラー文庫)虫 (角川ホラー文庫)
(1994/04)
坂東 真砂子

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 59 : 50 | ★★★ 坂東真砂子★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3way Waltz / 五條 瑛
2009 / 01 / 22 ( Thu )

速い展開で飽きさせない本でした。
シーンが次々に変わるので退屈しないんですよね。
なので怒涛の一気読み!

しかし読んでいる途中で・・・。
自分の記憶力の弱さを痛感
前作の「プラチナ・ビーズ」や「スリー・アゲーツ」の細かいところを忘れていたりして・・・。
そういえば葉山ってなんでアナリストになったんだっけ?とか急に気になったりしてね。
結局思い出しましたけど、これって重要なところじゃん、細かいところじゃないじゃんっ
つまらなかった本ならまだしも、「おお~ッ!面白い!」と思った本なのに~困り顔
しかしこれでもブログに記すようになったからまだマシな状態なんです・・・。

そんなわけで、覚えているうちに一言でも感想を書いておかないとね
今回は、人間の強さと弱さ、ピュアさとあくどさを見せられましたね。
あとは選択肢がある状況で不満を言うのは甘えだな、と・・・。
記憶力の無さと共に自己反省しましたっ。

・・・・・・・・差別や貧富の差がない自由で豊かな国家。
そんなものは世界のどこにも存在しないのです。・・・・・・・・・・

悲しいけれどそれが現実かも・・・。
それだけ利己主義で傲慢な人間が多いってことですね。
自分も含めてね。
だからこそ純粋なるものを求めたくなるのだな。

・・・ということで・・・。
またAKIHIDEさんのブログLIFEを読んで心の浄化をしよっ

3way Waltz (祥伝社文庫)3way Waltz (祥伝社文庫)
(2007/07)
五條 瑛

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 51 : 56 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
一息つくか~
2009 / 01 / 20 ( Tue )
20090120192258
早く本が読みたいのだ(^O^)/
19 : 23 : 02 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地図男 / 真藤 順丈
2009 / 01 / 19 ( Mon )

わけわからんっ困り顔
・・・な世界を力ワザで納得させられたっちゅう読後感ですね

全体的には・・・。
なんといっても言葉のセンスが光っていました。
私としては、初めて触れる表現も多々ありましたし。
こういう言葉を駆使する人とお話したらおもろいんだろーなー。

まるでマンガのような、軽い壮大さ・・・、面倒くさくない難解さ・・・。
最初から最後まで新鮮なお話でした~~

地図男 (ダ・ヴィンチブックス)地図男 (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/09/03)
真藤順丈

商品詳細を見る


こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 59 : 51 | ★★★真藤順丈★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いただきます
2009 / 01 / 18 ( Sun )
20090118205012
今日はカロリ。愛媛伊予柑☆
20 : 50 : 15 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京公園 / 小路 幸也
2009 / 01 / 17 ( Sat )

悪い人が一人も出てきませんねー、このお話。
登場人物のそれぞれが、大切な人を大切に思いながら真っ当に生きている・・・

文章とか、ストーリーとか、正直あまり好きなタイプの本ではなかったけれども・・・。
優しい空気が流れている感じはよかったかな。

東京のあちこちの公園が舞台として出てきますが、
それが瞼に浮かぶような表現ならもっとよかったのかもしれません。
井の頭公園かー、なつかしい~って感じでね

そうそう、「Coffee and Cigarettes」等、お話の中に出てくる映画は見たくなりましたねー。
少し前はDVD鑑賞が趣味だったのに、最近メッキリだからな・・・困り顔


東京公園東京公園
(2006/10/28)
小路 幸也

商品詳細を見る


こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 10 : 36 | ★★★小路幸也★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
君の夢はもう見ない / 五條 瑛
2009 / 01 / 14 ( Wed )
08774614.jpg







●目次● (「BOOK」データベースより)

胸壁の美女/髪の先から/秋愁の蟹/聖夜に君の名を呼べば/薔薇の行方/偽りの季節/約束/君の夢は、もう見ない


●著者● (「BOOK」データベースより)

五条瑛(ゴジョウアキラ)
大学時代は安全保障問題を専攻。卒業後、防衛庁に就職。主に極東の軍事情報および国内情報の分析を担当する。退職後はフリーライターとして活躍。1999年2月に本格スパイ小説『プラチナ・ビーズ』で衝撃的なデビューを飾る。2001年『スリー・アゲーツ』で、第3回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2002年10月30日
著者/編集: 五條瑛
出版社: 集英社
サイズ: 単行本
ページ数: 329p





●感想●


ああーッ、やっぱり五条瑛さんの本は好きだー
なんといっても登場人物が魅力的なのがいい
だから毎回、読んでよかった、面白かったと心から思えるんだなー

この本は<会社>のメールマン仲上を主人公とした短編集ですが・・・。
その仲上がかっこいいのです。
物事を収めることが上手い冷静な男・・・。
お目にかかりたいもんだ~困り顔

この中では・・・。
「秋愁の蟹」に泣いて、
「髪の先から」にスッキリして、
「薔薇の行方」にロマンを感じました~。

また順番に五條作品を読まねば






君の夢はもう見ない君の夢はもう見ない
(2002/10)
五條 瑛

商品詳細を見る

こっちだよブログランキングです。
 よかったらクリックお願いしますばら4 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

01 : 24 : 01 | ★★★五條瑛★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb / 道尾 秀介
2009 / 01 / 12 ( Mon )
カラスの親指







●内容● (「BOOK」データベースより)

“詐欺”を生業としている、したたかな中年二人組。ある日突然、彼らの生活に一人の少女が舞い込んだ。戸惑う二人。やがて同居人はさらに増え、「他人同士」の奇妙な共同生活が始まった。失くしてしまったものを取り戻すため、そして自らの過去と訣別するため、彼らが企てた大計画とは。


●著者● (「BOOK」データベースより)

道尾秀介(ミチオシュウスケ)
1975年生まれ。2004年『背の眼』で第五回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。2006年刊行の『シャドウ』は2007年本格ミステリ大賞小説部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


●基本情報●

発売日: 2008年07月
著者/編集: 道尾秀介
出版社: 講談社
サイズ: 単行本
ページ数: 424p




●感想●

表が出ればぼくの勝ち、裏が出れば君の負け。

                       って結局・・・困り顔  そっかー・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まるで映画を見ているみたいでした。
展開がスピーディーで、退屈なしでね。

疲れを感じることもなく読み終わってみれば・・・。
ペテンにかけられたのは自分?という感じで・・・。
作者にしてやられた~ッ、という感想ですね。

途中、読み進むのがつらくなるようなシーンもありましたが・・・。
二転三転のストーリーの結末が後味のよいものだったのでホッと胸を撫で下ろしました。
結末って大事ですよねー。
やっぱり後味はいい方が好きだな

ところでこの本、誤植がありましたね。
大勢の目を通っているはずなのに、ミスる時はミスってしまうのね~。
本を一冊作るのもタイヘンなんだな・・・






        111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

00 : 27 : 29 | ★★★道尾秀介★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くら寿司
2009 / 01 / 09 ( Fri )
20090109200833
いちごチョコパフェ
20 : 08 : 35 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くら寿司
2009 / 01 / 09 ( Fri )
20090109195444
塩キャラメルケーキ
19 : 54 : 47 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ランチ☆
2009 / 01 / 09 ( Fri )
20090109143459
野菜味噌ラーメン♪
14 : 35 : 03 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
邪魅の雫 / 京極 夏彦
2009 / 01 / 07 ( Wed )
06182438.jpg







●内容● (「BOOK」データベースより)

江戸川、大磯で発見された毒殺死体。二つの事件に繋がりはないのか。小松川署に勤務する青木は、独自の調査を始めた。一方、元刑事の益田は、榎木津礼二郎と毒殺事件の被害者との関係を、榎木津の従兄弟・今出川から知らされる。警察の捜査が難航する中、ついにあの男が立ちあがる。百鬼夜行シリーズ第九弾。


●基本情報●

発売日: 2006年09月
著者/編集: 京極夏彦
出版社: 講談社
サイズ: 新書
ページ数: 817p




●感想●


2009年初読書はコレ

京極夏彦さんの 「邪魅の雫」 です。

今回もフィクションの中にリアルを感じた私。
最後に罰を受けた人物は私の嫌いな策略家で、感情移入はしていなかったはずなのに・・・。
ラストのページを読んだ瞬間、切ない涙が抑えられませんでした

ストーリー自体はそんなに驚きのあるものではなかったけれども・・・。
今まで同様、京極堂の語り部分に興奮しましたね。
視点が違うバラバラの物語が・・・。
ひとつの真理と照らし合わされた時の腑に落ちる感じが好きですねー。

人は――邪悪で善良な存在なのか・・・
どちらにしても、ありのままの自分を受け入れられない人は苦しむのですよね。
その間を行ったり来たりしながら悩むのですよね。

「勝ち負けじゃないぞ」
「良し悪しでもない」
私には榎木津の言葉がそれに対する解答のように感じられました。


読み終わってみて、振り返ったときに・・・。
なぜか引っかかったのは関口の言葉でした。
「愛憎は共に執着の皮相に過ぎないのじゃないかな。
・・・・・・・・・・・愛情も――時に凶器となるのさ・・・・・・・・・・・・・・・
死にたいと殺したいはきっと同義だし、それは愛情と同質のものだ 」





       111.gif
こっちだよブログランキングです
 よかったらクリックお願いしますばら4 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村ランキングです↑ 

   

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

11 : 37 : 24 | ★★★京極夏彦★★★ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高速から
2009 / 01 / 06 ( Tue )
20090106154102
15 : 41 : 04 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くいものや ラ・ネージュ
2009 / 01 / 06 ( Tue )
20090106141100
20090106141058
20090106141056
20090106141054
14 : 11 : 03 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
磐梯山2
2009 / 01 / 06 ( Tue )
20090106134716
13 : 47 : 18 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
磐梯山
2009 / 01 / 06 ( Tue )
20090106134604
13 : 46 : 08 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パンツ鎌倉
2009 / 01 / 05 ( Mon )
20090105170610
17 : 06 : 14 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お寿司!
2009 / 01 / 04 ( Sun )
20090104191458
20090104191456
20090104191453
大量(*_*)!!
19 : 15 : 00 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いたずら描き
2009 / 01 / 04 ( Sun )
20090104120034
誰だこりゃ☆
12 : 00 : 39 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
デザートのサービス
2009 / 01 / 03 ( Sat )
20090103194915
KUSA続編♪
飲んだ後のアイスクリームって美味しい(o^~^o)
19 : 49 : 17 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猪苗代KUSAで
2009 / 01 / 03 ( Sat )
20090103190533
20090103190531
20090103190529
20090103190527
20090103190525
20090103190522
20090103190520
20090103190518
お料理が美味しい(^~^)
19 : 05 : 35 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
そり用滑走路
2009 / 01 / 03 ( Sat )
20090103181145
おもちゃのシャベルにしては大仕事やったぞ~!!
18 : 11 : 47 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪景色
2009 / 01 / 02 ( Fri )
20090102141600
14 : 16 : 02 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
晴天
2009 / 01 / 02 ( Fri )
20090102123116
12 : 31 : 20 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おせち
2009 / 01 / 01 ( Thu )
20090101174954
20090101174952
おせちと小づゆ
17 : 49 : 56 | * ふだんの暮らし * | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ